〔最終更新日:2015.10.16〕


開発日記はココをクリックしてください。

2011JGC.Omuta
Phot by Fjio Matunobu



2011JGC.Honjyo
Phot by Yuuji Iwata



Phot by Seiji Nakamura



Phot by Hidehiro Ito


車両グレード:RS(5速ミッション)

オプション選択:ブレンボ+18インチホイール

車両型式:CBA-CZ4A

型式指定番号:15957

類別区分:2003

エンジン形式:4B11

カテゴリー:JAF・PN3車両(2010年シーズンはN4車両)

JAF登録番号:JM-170

最低重量:1420kg(ガソリン満タン時重量)

基準重量:1385kg(ガソリン空タン時重量)

カタログ値:1450kg(ブレンボオプション車)

完全ノーマルでの測定重量:1470kg(ガソリン満タン時重量)

セッテイング&コメント責任者:中村誠司(アルファ代表)
テストドライバー:岡野博史(アルファ・テスト契約ドライバー)
車輌製作責任者:高橋明裕(アルファ・チーフメカニック)



リジット/テトラックスパーツ適合一覧

パーツ種別 区分 品 番 備 考 N規定 PN規定
サスペンションキット ASKA-204 JAF・N車両規定適応品
スーパーオーリンズαスペック
スプリングマウントシート
スラストタイプ
Front SSB-U6515 汎用スラストタイプ
Rear SSB-211 車種専用スラストタイプ
強化エンジンマウント CZEG1 強化ゴム製
CZEG1A 純正ブラケット圧入済ASSY
強化デフマウント CZ-001 強化ゴム製 ×
ブレーキパッド
(15インチキャリパー)
Front RB203 ノンアス標準材
RB203G ノンアス低ミュー材
Rear RB-215 ノンアス標準材
RB-215M フルメタル材
RB-215ISF スーパーインナーシュー
ブレーキパッド
(17インチキャリパー)
Front RB207 ノンアス標準材
RB207G ノンアス低ミュー材
Rear RB219 ノンアス標準材
RB219M
or
RB219
フルメタル材 or ノンアス材
RB-215ISG スーパーインナーシュー
クスコαスペックLSD Front AGL-208F ジムカーナセッティング
(全車適合)
Rear AGL201R ジムカーナセッティング
 (除くAYC車両)
ローファイナルギア Y-0027FG 5.083ファイナルギア ×
Y-0029FG 5.286ファイナルギア ×
クラッチシステム ツインプレート RCT205 ツインプレートクラッチASSY ×
RCT203D ツインプレート補修ディスク ×
RCT203OH ツインプレートO/Hキット ×
シングルカバー RC204 圧着力:1370kg
シングルディスク RD204M 4枚羽根、フルメタル
シングルカバー&
ディスクセット
RCD204M RC204+RD204M
バケットシート TS-13 センタースエードコンビタイプ ○Dr側
タワーバー Front TB-208MS オーバルスチール MSタイプ ×
Rear TB-218 オーバルスチール ×
シフトノブ NDM102DU ジュラコン製 ディープタイプ
NDM102AL アルミ製 ディープタイプ
ホイールナット RN20T ジュラルミン製 標準タイプ
RN5LT×4 ジュラルミン製 ロングタイプ
ハイリフトペダルラバー PM001 強化ゴム製 リフト量 +15mm
クラッチストッパー AA1013 ジュラコン製 約-10mm
強化マフラーリング RM-002 強化ゴム製(1個使用) ×
ターボメーター MT003 76cm/hg〜1.5Kg/cm2
タービン温度計 MT002 200〜700℃
タンクカバー RTC-001 ノーメックス製カバー
4輪用バッテリー端子アダプター BTC 小ポール→大ポール
バッテリー端子アダプター BTB 2輪用9BS及び12BS用端子キット
バッテリー端子アダプター&
取り付けステーセット
BTS-B 2輪用9BS及び12BS用端子キット
バッテリー固定ステー
バッテリーキット Y-1003BB BTS-A+9BSサイズバッテリー
Y-1004BB BTS-A+12BSサイズバッテリー
タイヤカバー TC-LL レッド・ブルー


「ランサーエボリューション]」の車両製作のご相談を受け付けております。
ご相談はメール・TEL(048-873-6986)・アルファ店頭にてお気軽にどうぞ。


〔車両仕様〕

オーリンズ アルファスペック サスペンションキット ASKA204
スーパーオーリンズ アルファスペック ASKA204


オーリンズ アルファスペック サスペンションキット ASKA204
スーパーオーリンズアルファスペック フロントサスペンション


オーリンズ アルファスペック サスペンションキット ASKA204
スーパーオーリンズアルファスペック リアサスペンション


スプリングマウントシート スラストタイプ SSB-6515 ランサー フロント
スプリングマウントシート・スラストタイプ  Rear:SSB-6515


スプリングマウントシート スラストタイプ SSB-211 ランサー リア
スプリングマウントシート・スラストタイプ  Rear:SSB-211


リジット ランサーエボリューション] ブレンボキャリパー フロントパッド RB207G
リジットブレーキパッド フロント Gタイプ RB207G



リジットブレーキパッド フロント  RB207



リジットブレーキパッド リア フルメタル RB219M



リジットブレーキパッド リア RB219


リジット ランサーエボリューション] リア スパーインナーシュー RB215ISF
リジットブレーキシュー リア スーパーインナーシュー RB215ISG


クスコ アルファスペック LSD AGL-208F
クスコアルファスペックLSD フロント AGL-208F


クスコ アルファスペック LSD AGL201R
クスコアルファスペックLSD リア AGL-201R


リジットクラッチカバー&ディスクセット RCD204M
リジットクラッチシステム  RCD-204M


可倒式けん引フック フロント ランサーエボリューション] CZ4A Y-1034FK
可倒式牽引フック フロント Y-1034FK


可倒式けん引フック リア ランサーエボリューション] CZ4A Y-1035FK
可倒式牽引フック リア Y-1035FK


TETRX バケットシート TS-13 セキュロンフルハーネスシートベルト Y-0031CH
TETRXフルバケットシート セキュロンフルハーネス


ナルディ スポーツAタイプ 360mm
ナルディ スポーツAタイプ 360mm


リジット レーシングシフトノブ NDM102DU
リジット レーシングシフトノブ NDM102DU(ジュラコン製)

リジット レーシングシフトノブ ディープタイプ


リジット ターボメーター タービン温度計 MT002 0T003
RIGIDメーター ターボメーター「MT002」 タービン温度計「MT003」



ネオバAD08R 255/40-18

フロントホイール アドバンRGU 10J-18 +25
リアホイール アドバンRGU 9J-18 +35



クラッチストッパー「AA1013」



《開発日記》

ラストラン画像 2015.10.16

引き渡し準備完了 2015.10.15

リジット・ランサーエボリューション] ラストラン 2015.10.13

2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第7戦・恋の浦ラウンド 2015.10.01

2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第6戦・関越ラウンド 2015.08.04

2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦・砂川ラウンド 2015.06.09

2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第4戦・名阪ラウンド 2015.05.19

2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第3戦・エビスラウンド 2015.04.30

2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第2戦・鈴鹿ラウンド 2015.04.07

2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第1戦・岡山ラウンド 2015.03.11

参戦準備完了 2015.02.19

2015年シーズン開幕準備 2015.01.21

2015年度浅間台スポーツランド・フリー指定コース 2014.12.02

2014年JAF全日本ジムカーナ選手権・第8戦・本庄ラウンド 2014.10.14

2014年JAF全日本ジムカーナ選手権・第6戦・もてぎラウンド 2014.08.18

2014年JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦・IOXラウンド 2014.07.22

IOXラウンドに向けて 2014.07.04

2014年JAF全日本ジムカーナ選手権第3戦・名阪ラウンド 2014.05.20

2014年JAF全日本ジムカーナ選手権・第2戦・仙台ラウンド 2014.05.01

2014年JAF全日本ジムカーナ選手権・第1戦・岡山ラウンド 2014.03.11

2014年度浅間台スポーツランド・フリー指定コース 2013.12.03

2013年JAF全日本ジムカーナ選手権・第6戦・もてぎラウンド 2013.08.20

2013年JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦・仙台ラウンド 2013.07.16

2013年JAF全日本ジムカーナ選手権・第4戦・砂川ラウンド 2013.06.19

2013年JAF全日本ジムカーナ選手権・第3戦・名阪ラウンド 2013.05.21

2013年JAF全日本ジムカーナ選手権・第2戦・TSタカタラウンド 2013.04.16

2013年JAF全日本ジムカーナ選手権・第1戦・鈴鹿ラウンド 2013.03.13

アドバンAD08R 2013.03.08

2013年浅間台スポーツランド・フリー指定コース 2012.11.27

2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第9戦・IOXラウンド 2012.10.16

2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第8戦・大牟田ラウンド 2012.09.18

2012年JAF関東ジムカーナ選手権・第8戦・本庄ラウンド 2012.09.04

2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第7戦・もてぎラウンド 2012.08.28

2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第6戦・仙台ラウンド 2012.08.07

2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦・鈴鹿ラウンド 2012.07.17

浅間台スポーツランド フリーEコース 2012.07.03

名阪ラウンドの動画 2012.05.31

2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第3戦・名阪ラウンド 2012.05.22

2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第2戦・タカタラウンド 2012.04.24

全日本第2戦・タカタラウンドに向けて 2012.04.05

2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第1戦・本庄ラウンド 2012.03.21

2012年シーズン開幕直前 2012.03.07

2012年度の浅間台スポーツランド・フリー指定コース 2012.11.15

2011年JAF全日本ジムカーナ選手権・第8戦・本庄ラウンド 2011.10.11

2011年JAF全日本ジムカーナ選手権・第7戦・大牟田ラウンド 2011.09.21

2011年JAF全日本ジムカーナ選手権・第6戦・茂木ラウンド 2011.08.30

2011年JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦・菅生ラウンド 2011.07.27

2011年JAF全日本ジムカーナ選手権・第4戦・砂川ラウンド 2011.07.08

2011年JAF全日本ジムカーナ選手権・第3戦・タカタラウンド 2011.06.14

2011年JAF全日本ジムカーナ選手権・第2戦・名阪ラウンド 2011.04.26

参戦準備完了 2011.04.22

シーズン開幕 2011.03.24

全日本ジムカーナ選手権第1戦中止について 2011.03.17

クラッチストッパー 2011.02.23

デモラン 2011.02.23

シェイクダン 2011.01.20

PN車両化完了 2011.01.14

PN車両化 2011.01.06

浅間台スポーツランドの2011年フリー走行指定コース 2010.12.01

お薦めメーターセットアップ 2010.11.26

アクセルストッパー 2011.11.17

2011年モデルの製作中 2010.11.17

オフシーズンメンテナンス 2010.10.30

エボ]フィーバー 2010.10.28

2010年シーズン終了 2010.10.06

ランサーエボリューション]・2011年モデル 2010.10.01

2010年JAF全日本ジムカーナ選手権・第8戦・鈴鹿ラウンド 2010.09.14

2010年JAF全日本ジムカーナ選手権・第7戦・IOXラウンド 2010.08.25

2010年JAF全日本ジムカーナ選手権・第6戦・もてぎラウンド 2010.08.03

TETRX・フルバケットシートカバー 2010.07.21

2010年JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦・砂川ラウンド 2010.07.07

2010年JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦に向けて 2010.06.23

2010年JAF全日本ジムカーナ選手権・第4戦大牟田ラウンド 2010.06.15

スプリングマウントシート・スラストタイプ 2010.06.01

2010年JAF全日本ジムカーナ選手権・第3戦SUGOラウンド 2010.05.18

スーパーインナーシュー RB-215ISF ニューバージョン 2010.05.11

2010年JAF全日本ジムカーナ選手権第2戦・名阪ラウンドに向けて 2010.04.20

2010年JAF全日本ジムカーナ選手権第1戦・備北ラウンド 2010.03.31

デビューtoウィン 2010.03.30

全日本開幕直前メンテナンス 2010.03.24

強化デフマウント発売開始 2010.03.17

強化デフマウント 2010.03.12

サスペンションテスト 2010.02.23

デモラン 2010.02.18

アクセルストッパー 2010.02.06

シェイクダウン 2010.02.05

シェイクダウン準備 2010.02.02

カラーリング終了 2010.01.30

カラーリング 2010.01.29

N車両化中2 2010.01.23

N車両化中 2010.01.21

慣らし走行終了 2010.01.19

車両重量測定 2010.01.16

類別区分 2010.01.15

納車完了 2010.01.15


ラストラン画像 2015.10.16



Phot by Hidehiro Ito

本庄サーキットでのリジット・エボ]の走行画像を提供して頂きました。


引き渡し準備完了 2015.10.15




アルファでは車両売却時には原則としてカラーリングやステッカー類は全て剥がして引き渡しする方針なので
ランサーエボ]も真っ白なボディに生まれ変えさせました。
屋根付き車庫保管なので、驚くほど綺麗になりました。

純正パーツや付属パーツの積み込みも完了して、引き渡し準備が完了しました。


リジット・ランサーエボリューション] ラストラン 2015.10.13



10月10日〜11日に埼玉県の本庄サーキットで開催された
JAF全日本ジムカーナ選手権最終戦に参戦しました。

このイベントがワークスランサーエボリューション]で参戦する最後のイベントでしたが、
コース設定が岡野博史選手のスーパーパイロンテクニックが生かされない
直線加速重視の残念な設定だった影響により、3位で終了しました。
(4輪駆動でサイドターンが1回だけのサーキットトライアル的イベントでした。)

これで、エボTから23年間乗り継いだエボシリーズの開発は終了し
来年からは、スバルWRX・STIでワークス活動を行う事になりました。

このエボ]は次のオーナーにより活躍してくれると思いますので
これから、しっかり磨き上げて引き渡します。





2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第7戦・恋の浦ラウンド 2015.10.01



Phot by Shun Ishihara




9月19日〜20日に福岡県のスピードパーク恋の浦で開催された
JAF全日本ジムカーナ選手権・第7戦に参戦しました。

今回は前回の関越ラウンドで優勝して、チャンピオンに王手をかけての参戦となりました。

今回は金曜日から会場入りして、3年連続チャンピオン獲得を目指しましたが
1本目に痛恨の2輪脱輪によりタイムを残せず、
2本目は路面悪化の影響によりタイムダウンとなり
残念ながら5位という、今シーズンで最悪のリザルトとなりました。

ただ、チャンピオン争いをしているライバル選手が2位でフィニッシュした為に
結果として、念願のに3年連続の6度目のシリーズチャンピオンを獲得する事が出来ました。

次戦は10月10日〜11日に埼玉県の本庄サーキットで開催される
最終戦ですが、このイベントがランサーエボ]で参戦する最後のイベントとなります。

すでに、チャンピオンを決めているので、
岡野選手には成績を気にすることなく、心おきなく攻めて欲しいと思います。





2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第6戦・関越ラウンド 2015.08.04






8月1日〜2日に群馬県高崎市の関越スポーツランドで開催された
2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第6戦に参戦しました。

関越スポーツランドは本年の8月末をもって閉鎖する事が決まっていますので
今回が同会場での最後の全日本ジムカーナ選手権となりました。

アルファはこの会場と浅間台スポーツランドがホームコースなので
どうしても有終の美を飾りたいと万全の準備をして臨みました。

結果は2位に1秒以上の差を付けて今期4勝目を獲得し
後半のチャンピオン争いを有利に展開出来る事になりました。

当日は最高気温が38度の猛暑でしたが
素晴らしい運営のお陰でストレスを感じることなく過ごすことが出来ましたし
関越スポーツランドの最後を飾るに相応しいコース設定に感動しました。



2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦・砂川ラウンド 2015.06.09




6月6日〜7日に北海道砂川市のオートランド砂川で開催された、
2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦に参加しました。

当日は気温は低めでしたが日差しがあるので、
とても過ごしやすい天気となり、
絶好のジムカーナ日よりとなりました。

第3戦と第4戦が連続2位でしたので、
今回の結果がシリーズポイント的にとても重要でしたが
テクニカルな設定にも助けられて今期3勝目をあげることが出来ました。

次戦は8月2日の関越スポーツランドランドでのフルパイロンコースなので
4勝目を獲得するべく全力でサポートします。




2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第4戦・名阪ラウンド 2015.05.19



5月16日〜17日に奈良県の名阪スポーツランドCコースで開催された
JAF全日本ジムカーナ選手権・第4戦に参戦しました。
土曜日の公開練習は生憎の雨模様でしたが、本番当日は天気も回復して気持ちの良い陽気となりました。

決勝の1本目は最終セクションの左ヘヤピンコーナーで僅かにタイムロスしてしまい
トップの茅野選手から僅か3/1000秒遅れての2位となりとなりました。
2本目は悪化した路面の変化にセッテイィングを合わせる事が出来ず、
残念ながら1本目よりも大幅にタイムダウンして、
結果として2位でフィニッシュしました。

これでポイントが茅野選手と並びましたので
6月7日の北海道・砂川ラウンドが勝負所となりました。

引き続き応援をよろしくお願いいたします。




2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第3戦・エビスラウンド 2015.04.30



4月25日〜26日に福島県のエビスサーキット西コースで開催された
JAF全日本ジムカーナ選手権・第3戦に参戦しました。
本番当日は季節はずれの汗ばむ陽気となりました。

決勝の1本目は中盤に設定された右180度ターンで僅かにパイロンタッチを犯して
生タイムはベストタイムでしたが幻となりました。
2本目は路面の悪化にセッテイィングを合わせる事が出来ず、
残念ながら1本目よりも大幅にタイムダウンして、
結果として2位でフィニッシュしました。

シリーズポイント的にはトップを維持していますが
次戦の第4戦名阪ラウンドが正念場となります。





2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第2戦・鈴鹿ラウンド 2015.04.07








4月4日〜5日に三重県の鈴鹿サーキット・南コースで開催された
JAF全日本ジムカーナ選手権・第2戦に参戦しました。

土曜日はドライ路面でしたが、日曜日の本番では終日雨が降り
生憎のウエット路面での勝負となりました。

鈴鹿サーキット・南コースの路面はカート等のオイルの影響で
非常にスリッピーで我慢を強いられるドライビングとなりますが
岡野博史選手のメリハリあるドライビングにより
2位を1秒以上引き離してPN4クラスで優勝する事が出来ました。

これで、開幕2連勝となり、3年連続チャンピオン獲得に向けて
順調な滑り出しとなりました。






2015年JAF全日本ジムカーナ選手権・第1戦・岡山ラウンド 2015.03.11





2015年3月7日〜8日に岡山県の岡山国際サーキットで開催されたJAF全日本ジムカーナ選手権・第1戦に参戦しました。
7日土曜日の公開練習ではウエット路面コンディションに苦しみ3位で終了しましたが、
翌日8日日曜日の決勝では岡野博史選手のスパーテクニックにより
2位以下を1秒以上引き離してPN4クラス優勝を獲得する事が出来ました。

今年は新にSA3クラスからトップドライバー2選手がPN4クラスに移籍し、
例年以上の激戦が予想されていますので、
今回の優勝はシリーズ3連覇に向けての非常に貴重な一勝となりました。

4月4日〜5日に鈴鹿サーキットで開催される第2戦もハイスピードコースですが、
精一杯頑張りたいと思っていますので、応援をよろしくお願い致します。

岡野博史選手の激走動画です。


撮影はアジュール代表:川村徹氏


撮影はアルファ代表:中村誠司


参戦準備完了 2015.02.19



2015年シーズンを迎えて、リジット・ワークスエボ]のメンテナンスを完了しました。
昨年の最終戦の前にクラッチや前後LSDのオーバーホールを行っていたので
今回は下記の項目のメンテナンスを行いました。

・前後ドライブシャフト交換
・ACD・ASSY交換
・スーパーオーリンズアルファスペックの2015年仕様への変更
・RECS処理
・油脂類全交換




2015年シーズン開幕準備 2015.01.21



年が明けて1月から2月は新たなシーズンに向けてアルファのパドックでは
競技車両のメンテナンスが目白押しで忙しい日々が続きます。

アルファのランサーエボ]もワークス使用車両としては初めて2回目の車検を受ける事になり
戦闘力維持のためにも各部の重メンテナンスが必要になっています。

戦闘力のある新しい車両が発売されるまで、今のエボ]には頑張って貰います。



2015年度浅間台スポーツランド・フリー指定コース 2014.12.02

2015年度の浅間台スポーツランド・フリー指定コースを
岡野博史選手がエボ]で攻めました。
ドライバーレベルに応じてA、B、Cの3コースが用意されていますので
是非、チャレンジして下さい。
http://www5.ocn.ne.jp/~asama.sl/page.freecourse.htm

Aコース


Bコース


Cコース



2014年JAF全日本ジムカーナ選手権・第8戦・本庄ラウンド 2014.10.14

 

10月11日〜12日に埼玉県の本庄サーキットで開催された
全日本ジムカーナ選手権第8戦(最終戦)PN4クラスに参戦しました。

結果は2本目にタイムダウンし逆転され残念ながら2位で終了しましたが
無事に2年連続PN4クラスチャンピオンを獲得する事が出来ました。
(岡野博選手にとっては通算5回目の全日本ジムカーナチャピオン獲得となりました。)

今シーズンは6戦参戦で5回優勝、1回2位と好成績で終了する事が出来ました。
来年も継続して本エボ]でPN4クラスに参戦し、3年連続チャンピオンを目指しますが
例年にない程の厳しい戦いとなりそうですので、
気を引き締めてシリーズに臨みたいと思っています。





2014年JAF全日本ジムカーナ選手権・第6戦・もてぎラウンド 2014.08.18






8月9日〜10日に栃木県のツインリンクもてぎ・北ショートコースで開催された
2014年JAF全日本ジムカーナ選手権に参戦しました。

今回は優勝が前提で、ライバル選手の成績如何でチャンピオンが決まる大切なイベントでした。
ウエット路面でのセットアップに迷いライバルに僅差に迫られましたが、
相手のミスもあり、今期5勝目を獲得しチャンピオンをほぼ手中に収める事が出来ました。

諸事情により次戦の九州ラウンドは欠席しますが、
ライバル選手が2位以下の時点でチャンピオン決まります。
優勝された場合でも最終戦の本庄ラウンドにて7位以上の結果で
チャンピオン獲得となります。





2014年JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦・IOXラウンド 2014.07.22




7月19日〜20日に富山県のイオックスアローザで開催された 
JAF全日本ジムカーナ選手権に参戦しました。 

イベントの当日は、難易度の非常に高いWフリーターンが設定され 
ドライバーの技量とマシンの高度なセッティングが要求されましたが 
リジットワークスランサーエボ]は岡野博史選手の 
スーパーテクニックと卓越したブレーキバランスにより、 
優勝する事が出来ました。 

なお、華麗なターンをサポートしたブレーキバランスは 
フロント:RB-207、リア:RB-219、インナーシュー:RB-215ISGです。 

これで今期4勝目となり、 
連続チャンピオン獲得に王手をかける事が出来ました。 

横浜ゴムのイベントレポート 
http://www.yrc.co.jp/cp/motorsports/2014ms/jgc/ms_14_jgc_05_rep/?fb_action_ids=694214223992026&fb_action_types=og.likes 

2本目の動画その1 


2本目の動画その2(別の角度) 




IOXラウンドに向けて 2014.07.04



IOXラウンドに向けてランサーエボ]のフルオイル交換 
(エンジンオイル、エンジンオイルフィルター交換、 
トランスミッションオイル、トランスファーオイル、 
リアデフオイル、ACDオイル)を行いました。 

同時に岡野選手からの希望により 
2度目のマイクロロン処理も行いました。 

アルファが所有する車両は全てマイクロロン処理を行っていますが、 
この処理で速くするということより、 
万が一のエンジントラブル防止効果を期待しています。 
(エンジンのレスポンスは確実に向上します。) 
http://www.ms-alpha.co.jp/PageMicrolon.htm 

これで、IOXラウンドは思いっきり走って貰えます。 

岡野選手には4勝してシリーズチャンピオンに 
いち早く王手をかけて欲しいですね。



2014年JAF全日本ジムカーナ選手権第3戦・名阪ラウンド 2014.05.20





2014年5月17日〜18日に名阪スポーツランドで開催された
2014年JAF全日本ジムカーナ選手権・第3戦に参戦しました。

天候は2日間ともに晴れで、絶好のジムカーナ日よりの中での戦いとなりました。

岡野選手にとっては3連勝がかかる大切な一戦となりましたが、
前日の公開練習からセッティングに苦しみました。

本番の1本目は苦しみながらも何とか僅差の1位となりましたが
走行前に逆転されプレッシャーのかかる場面となりました。

岡野選手はそのプレッシャーにも負けずに、
果敢に攻めた走りで再逆転して3連勝を獲得しました。

第4戦の砂川ラウンドは都合により不参戦いたしますので
次戦は7月19日〜20日のIOXラウンドとなります。

引き続き応援をよろしくお願い致します。




2014年JAF全日本ジムカーナ選手権・第2戦・仙台ラウンド 2014.05.01









4月26日〜27日かけて宮城県の仙台ハイランドサーキットで開催された
JAF全日本ジムカーナ選手権・第2戦に参戦しました。
残念ながら、仙台ハイランドでの全日本ジムカーナ選手権は
会場閉鎖に伴い今年で最後となります。

リジットワークスの岡野博史選手は土曜日の前日練習会から絶好調で
本番の2本目こそタッチしましたが、他の3トライは全て他を寄せ付けない走りで
2戦連続でPN4クラス優勝を獲得しました。

この2戦連続優勝により今シーズンの目標でもある
2年連続チャンピオン獲得に大きく近づきました。

次戦は5月17日〜18日の名阪スポーツランドでの第3戦です。
このコースは岡野選手が得意とするコースなので、
開幕3戦連続優勝を目指します。


2014年JAF全日本ジムカーナ選手権・第1戦・岡山ラウンド 2014.03.11


Phot by Makoto Okamoto






3月8日〜9日かけて岡山県の岡山国際サーキットで開催された
JAF全日本ジムカーナ選手権・第1戦に参戦しました。

リジットワークスの岡野博史選手は金曜日の練習会から絶好調で
本番の2本目こそタッチしましたが、他を寄せ付けない走りで
PN4クラス優勝をゲットしました。

ディフェンディングチャンピオンを目指す今シーズンに向けて
幸先の良いスタートを切ることが出来ました。

次戦は4月26日〜27日に仙台ハイランドでの第2戦です。

なお、残念ながら仙台ハイランドは閉鎖されるとの事ですので
今年が最後の開催となりそうです。


2014年度浅間台スポーツランド・フリー指定コース 2013.12.03


2014年度の浅間台スポーツランド・フリー指定コースを
果敢に攻める岡野博史選手です。



Aコース




Bコース



Cコース





2013年JAF全日本ジムカーナ選手権・第6戦・もてぎラウンド 2013.08.20







8月10日〜11日かけて茨城県のツインリンクもてぎ・北ショートコースで開催された
JAF全日本ジムカーナ選手権・第6戦に参戦しました。

前日練習では、セッティングが合わずにタイム的に良くありませんでしたが
本番当日はセッティングも決まり、
岡野博史選手は開幕6連勝、120ポイント(満点)獲得し
目標の通りPN4クラスのシリーズチャンピオンとなりました。
応援、有り難う御座いました。

来年も引き続きランサーエボ]にてPN4クラスに参戦して
ディフェンディングチャンピオンを目指します。

なお、岡野博史選手9月14日〜15日の九州ラウンド及び10月12日〜13日のIOXラウンドには
アルファBRZにてPN3クラスに参戦いたします。


2013年JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦・仙台ラウンド 2013.07.16









7月13日〜14日にかけて、宮城県の仙台ハイランドで開催された
JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦に参戦しました。

今期、開幕5連勝を目指し準備万端で本番に望みました。

土曜日の公開練習は1本目ドライ路面、2本目ウェット路面と
コンディションが安定しませんでしたが、
岡野選手はどちらの路面コンディションでもベストタイムをマークしました。

日曜日の本番の1本目では痛恨のパイロンタッチを犯して5位と低迷しましたが
2本目はキッチリ走って、逆転優勝をし念願の開幕5連勝を実現する事が出来ました。

これで、ほぼシリーズチャンピオンは確定しましたので、
次回の茂木ラウンドには楽な気持ちで臨めます。


2013年JAF全日本ジムカーナ選手権・第4戦・砂川ラウンド 2013.06.19








6月15日〜16日にかけて、北海道のオートスポーツランド砂川で開催された
JAF全日本ジムカーナ選手権・第4戦に参戦しました。

北海道遠征は往復とイベント参加で4日間も必要な大遠征ですが
今年はチャンピオン奪還の使命がありますので今年は参加しました。

前日練習は1本目はウェット、二本目はドライと路面変化が激しかったのですが
翌日の日曜日はやや曇りが多い天気ながら、
終日、雨に降られること無く、2本共にドライ路面での走行となりました。

岡野選手は1本目はかなり抑えた手堅い走りでベストタイムをマークしましたが
2本目は路面の悪化による影響でタイムダウンする事になりました。
ただ、他の選手もタイムダウンしましたので、結果として1位をキープして
開幕4連勝を達成する事が出来ました。

次戦は7月13日〜14日の仙台ハイランドでの第5戦ですが、
ライバルのポイントでも異なりますが、勝てばチャンピオン獲得の可能性があります。

引き続き応援をよろしくお願い致します。


2013年JAF全日本ジムカーナ選手権・第3戦・名阪ラウンド 2013.05.21








5月18日〜19日にかけて、奈良県の名阪スポーツランドで開催された
JAF全日本ジムカーナ選手権・第3戦に参戦しました。

開幕3連勝に向けて完全メンテナンスを行うなど、万全の体制で臨みました。

土曜日の公開練習は気温も高く終日路面はドライで走行出来ましたが、
日曜日の本番1本目は前日に比べて少し肌寒く感じましたが、
ドライ路面での走行となりました。

1本目から岡野博史選手は今回も絶好調で2位に0.9秒の差のトップタイムをマークし、
2本目は雨が降り始めて、路面コンディションが悪化し大幅にタイムダウンしましたが、
当然、他の選手に抜かれることなく、1本目のタイムで優勝する事が出来ました。

これで、開幕戦から3連勝となりました。

次戦は北海道への大遠征となるスポーツランド砂川ラウンドです。
4連勝してチャンピオン争いに王手をかけたいと思っています。



2013年JAF全日本ジムカーナ選手権・第2戦・TSタカタラウンド 2013.04.16



リジット・チームパドック





4月13日〜14日にかけて、広島県のTSタカタサーキットで開催された
JAF全日本ジムカーナ選手権・第2戦に参戦しました。

過去2年間のタカタラウンドでは色々な要因により成績が奮いませんでしたので、
今年こそは優勝できるように、万全の体制で臨みました。

土曜日の公開練習は気温は低かったのですが終日路面はドライで走行出来、
日曜日の本番は風は強かったものの、ドライ路面での戦いとなりました。

1本目から岡野博史選手は絶好調で2位に3秒の差のトップタイムをマークし、
2本目は路面コンディションの悪化の影響でタイムダウンしましたが、
結局、他の選手に抜かれることなく、1本目のタイムで優勝する事が出来ました。

これで、開幕戦から2連勝となりました。

次戦は名阪スポーツランドでの第3戦となりますが、
3連勝出来るように万全の体制で参加したいと思っています。


2013年JAF全日本ジムカーナ選手権・第1戦・鈴鹿ラウンド 2013.03.13



リジット・チームパドック


今回参戦したチームSTPメンバーのエボ]


優勝:岡野博史(CZ4A) 2位:新井範正(CZ4A) 3位:遠藤康浩(CZ4A)




3月9日〜10日にかけて、鈴鹿サーキット南コースで開催された
全日本ジムカーナ選手権第1戦に新設PN4クラスに参戦しました。

今回のイベントはアドバンネオバ・AD08Rのデビュー戦となるので
優勝する事が絶対命題となっていました。

土曜日の公開練習は晴天で季節はずれの暖かさとなり、
絶好のジムカーナ日よりとなりました。
公開練習のタイムは2本共に岡野選手がベストタイムをマークし
優勝する手応えを感じる結果となりました。

明けて翌日の本番は天気予報では昼頃に雨が降る予報となり、
昼明け直ぐの走行となるPNクラスでは1本勝負の可能性が高く、
1本目のタイムが非常に重要な局面となりましたが、
岡野選手は2位を2秒近く引き離すベストタイムをマークしながら
最終パイロンで痛恨のパイロンタッチを犯してしまい、
2本目に懸けることになりました。

幸い、鈴鹿サーキットでは昼過ぎは雨が強く降ることなく、
何とかPN4クラスではドライコンディションでの走行となり
無事に2本目を走行する事が出来、
岡野選手は慎重に走りきり、見事にベストタイムをマークして
PN4クラスの記念すべき初勝利を飾ることが出来ました。

また、同じサポート選手の新井選手が2位、遠藤選手が3位となり
表彰台をリジットサポート選手が独占する事が出来ました。

第2戦は4月13日〜14日に広島県のタカタサーキットで開催されますので
熱い応援をよろしくお願いいたします。



アドバンAD08R 2013.03.08




紆余曲折はありましたが、本日目出度くAD08Rが正式発売されました。
アルファのワークス車両には数十年来横浜タイヤだけを装着していますので、
PN仕様のランサーエボリューション]にも当然ながらアドバンネオバを装着しています。

今回発売されたAD08Rは従来のAD08に比べて、
かなりのパフォーマンスアップが確認されていますので
昨年の様な苦しい戦いから解放されると期待しています。


明日から長いシーズンオフが終わり、全日本ジムカーナ選手権が開幕します。
一年間気を緩めることなく、PN4クラスの初代チャンピオン奪取を目指して頑張りますの、
引き続き応援をよろしくお願い致します。



2013年浅間台スポーツランド・フリー指定コース 2012.11.27


2013年度の浅間台スポーツランドフリー指定コースをアルファにて設定しました。
参考として各コースをリジット・ランサーエボリューション](JAF・PN車両)にて
岡野博史選手が全力アタックする動画をアップしました。
テクニカル&ハイスピードの各コースを是非アタックしてみて下さい。



2013年指定コースA



2013年指定コースB



2013年指定コースC




2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第9戦・IOXラウンド 2012.10.16





同トライのインカービデオはカタログDVD-ROMに収録いたしました。

10月13〜14日にかけて富山県のIOXスキー場で開催された、
全日本ジムカーナ選手権第9戦に参戦しました。

土曜の公開練習から日曜の本番まで、良い天気に恵まれて
絶好のコンディションでのイベントとなりました。

今回も山野選手は欠席で、岡野選手にとっては優勝が絶対条件でしたが、
残念ながら1本目は最終セクションの左ターンで痛恨のパイロンタッチ、
2本目はスタートで待たされて、集中が切れた為か
数十年ぶりのミスコースを犯し結果的に8位で終了しました。

これで、今年の参戦は終了となりますが、
来年は現行のPN3クラスはPN4クラスに変わりますので、
初代チャンピオンを目指して頑張ります。


2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第8戦・大牟田ラウンド 2012.09.18


RIGIDチームパドック


同トライのインカービデオはカタログDVD-ROMに収録いたしました。


9月15日〜16日にかけて福岡県のモビリティ大牟田で開催された
全日本ジムカーナ選手権第8戦に参戦しました。

今回のイベントはライバルの山野選手が欠席となりましたので優勝が必須の1戦となりました。

土曜日の公開練習はドライでの走行となり、残暑厳しい気温でしたが、
会場が有明海に面しているので、風は涼しく日陰にいればかなり過ごしやすい天気となり
絶好のジムカーナ日よりとなりました。

公開練習コースは本番さながらのロングコースでしたが、最高速度も100km/h未満と
かなりテクニカルなコース設定で、本番コースにも期待できました。

翌日の本番コースは予想の通り、難易度が高い、よりテクニカルな設定となり
台風の影響でウエット路面での戦いとなり、選手のテクニックが試されるイベントとなりました。

1本目、岡野選手は果敢攻めて中間タイムでベストタイムをマークしましたが、
中心部にあるパイロンセクションへの進入路でコースアウトしリタイヤとなりました。

コースアウトしましたが、幸い車両にダメージは無く、2本目も無事に走行する事が出来ましたが、
残念ながら、最終セクションでわずかにリアがブレイクしてしまい、パイロンダッチを犯して
結果的には4位となりました。

優勝タイムを3秒も引き離していただけに岡野選手には残念な結果となりましたが、
代わりにアルファコンプリート・ランサーエボ]で今年から全日本に参戦している
新井選手が優勝しましたので、アルファとしては嬉しい結果とも言えます。

今回の優勝で新井選手のシリーズ3位が確定しましたので、師弟でシリーズ2位・3位が確定しています。

次戦は10月13日〜14日にIOXアローザラウンドで開催される最終戦です。
シリーズ順位は確定していますので、岡野選手には思いっきり走って貰います。



2012年JAF関東ジムカーナ選手権・第8戦・本庄ラウンド 2012.09.04



優勝遠藤康弘選手 2位小野田了選手 3位宇野猛選手

9月2日に本庄サーキットで開催されたJAF関東ジムカーナ選手権・第8戦にて
アルファコンプリート・ランサーエボ](CZ4A)が表彰台を独占しました。
(初代PN3クラスシリーズチャンピオンは小野田了選手が確定しています。)



2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第7戦・もてぎラウンド 2012.08.28




同トライのインカービデオはカタログDVD-ROMに収録いたしました。


8月25日〜26日にかけてツインリンクもてぎで開催された
全日本ジムカーナ選手権第7戦に参戦しました。

今回のイベントは3位以内入賞でシリーズ2位が確定する大切な1戦となりました。

本番当日の天候は晴れで、外気温は35度を超え猛暑となり、
かなり厳しいコンディションの中での競技会となりました。

コースはいつもの北ショートコースでサーキットトライアル的なイベントが基本ですが、
最終セクションに難易度の高い右360度ターンが設けられていました。

岡野選手は限界を超えた走りでチャレンジしましたが、コーナー出口で、
わずかにロスして、ライバルに0.172秒の差を付けられて、今回も残念ながら2位となりました。

これで、今期は優勝×1回、2位×5回となりシリーズ2位が確定しました。

今シーズンは九州の大牟田と富山のIOXの残り2戦となりますが、
来シーズンの為にも優勝を目指して頑張りますので、応援をよろしくお願いいたします。



2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第6戦・仙台ラウンド 2012.08.07




同トライのインカービデオはカタログDVD-ROMに収録いたしました。


8月4日〜5日にかけて仙台ハイランドで開催された
全日本ジムカーナ選手権第6戦に参戦しました。

今回のイベントで優勝する事がチャンピオン獲得の必須条件でした。

本番当日の天候は晴れで、外気温は35度を超えましたが、
仙台ハイランドは高地にあるために、日陰は涼しく感じました。

コースはサーキットの本コースを利用しているために、細長いパイロンコース的なレイアウトですが
130km/hオーバーからのフルターンセクション等かなりスリリングな設定となりました。

岡野選手は得意なテクニカルセクションでわずかにロスして、
ライバルに0.3秒の差を付けられて2位となりました。

これで、今期は優勝×1回、2位×4回となりチャンピオン獲得の目標は達する事が出来なくなりました。

今シーズンは残り3戦となりますが、来シーズンの為にも精一杯頑張ります。


2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦・鈴鹿ラウンド 2012.07.17



同トライのインカービデオはカタログDVD-ROMに収録いたしました。


7月14日〜15日にかけて鈴鹿サーキット・南コースで開催された
全日本ジムカーナ選手権第5戦に参戦しました。

第4戦の砂川ラウンドは欠場しましたので、ほぼ2ヶ月ぶりの全日本参戦となります。

本番当日の天候は晴れ時々曇りでしたが、今年初めての猛暑となり、
人にも車にも厳しいコンディションとなりました。

コースは前半がパイロンテクニカル区間、後半がハイスピードと
バランスが良く取れたレイアウトでした。

岡野選手は得意なテクニカルセクションで0.2秒先行しましたが、
後半部分で0.3秒落としで、結局約0.1秒差で2位となりました。

これで、今期は優勝×1回、2位×3回となりチャンピオン獲得には
かなり厳しい状況となりましたが、逆転を目指して残りの4戦を精一杯頑張ります。




浅間台スポーツランド フリーEコース 2012.07.03




2012年7月1日開催のJMRC千葉・東京・浅間台シリーズ第5戦のコースは
浅間台スポーツランド・フリー指定コースEとして10月20日までの期間走行する事が出来ます。

イベント時の計測タイムもアップされていますので、是非チャレンジしてみてください。
http://www5.ocn.ne.jp/~asama.sl/page.freecourse.htm


名阪ラウンドの動画 2012.05.31




アップが遅くなりましたが、全日本ジムカーナ選手権・第3戦 名阪ラウンドでのアドバン・リジットランサーの動画をアップしました。
賛否両論の540度フリーターンをとくとご覧下さい。



2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第3戦・名阪ラウンド 2012.05.22




5月19日〜20日にかけて奈良県の名阪スポーツランドで開催された、
全日本ジムカーナ選手権第3戦に参戦しました。

公開練習が行われた19日土曜は事前の予報に反して、気温が思ったように上がらず、
コンディション的には難しい状況となり、残念ながら2位で終了しました。

翌日の本番の日曜日も気温は上がらず、前半区間で大きく遅れを取るコンディションでしたが、
前半の遅れを、後半に取り戻して、約0.1秒差の1位で折り返しました。
2本目は路面コンディションはそれほど悪化せず、タイムアップ出来る状況でしたが、
残念ながら岡野選手はほんの少しながらタイムダウンとなり、タイムアップしたライバルに
約0.8秒逆転されて、2位で終了しました。

なお、本番のコース設定は540度のフリーターンセクション以外は、名阪らしいコースレイアウトでした。
(今回の動画(含むinCar))はカタログDVD-ROMに収録いたしました。)

これにより、シリーズポイントは2位となりました。
第4戦の北海道・砂川ラウンドは諸事情により欠席しますので、次戦は7月14日〜15日の鈴鹿ラウンドとなります。

引き続き応援をよろしくお願い致します。




2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第2戦・タカタラウンド 2012.04.24




4月21日〜22日にかけて広島県のTSタカタサーキットで開催された、
全日本ジムカーナ選手権第2戦に参戦しました。

公開練習が行われた21日土曜は曇り空ながら雨も降らずにドライ路面での走行となりました。
翌日の本番の日曜日は予報では朝から雨でしたが、幸いなことに1本目は全車ドライ路面での走行となりました。
2本目はPN3の終盤ゼッケン付近から雨が強くなり、ハーフウエット路面での戦いとなりました。

コース設定はパイロンセクションが2カ所に設けられておりバランスのとれたレイアウトでした。

今回のイベントは岡野選手の得意とするテクニカルセクションが用意されていましたが、
コンディション的には苦しい戦いとなり、1本目はライバルの山野選手に遅れを取り2位のポジションで終了しました。
2本目に前戦と同様に逆転勝利を目指しましたが、路面のディションの悪化により
タイムアップする事が出来ずに、残念ながら2位キープとなりました。

これにより、シリーズポイントは同点1位となり、
次戦(5月19日〜20日)の名阪ラウンドはポイントリーダーの座を賭けた戦いになります。

引き続き応援をよろしくお願い致します。




全日本第2戦・タカタラウンドに向けて 2012.04.05




4月21日〜22日にかけて、広島県のTSタカタサーキットで開催される、
2012年全日本ジムカーナ選手権第2戦に向けてのテスト走行を行いました。

今回のテスト走行後に、前後LSD及びクラッチのオーバーホールを行い、
万全のコンディションでイベントに臨みます。



2012年JAF全日本ジムカーナ選手権・第1戦・本庄ラウンド 2012.03.21



Phot by Michiharu Gunji




同トライのインカービデオはカタログDVD-ROMに収録いたしました。


3月17日〜18日にかけて埼玉県の本庄サーキットで開催された、
全日本ジムカーナ選手権第1戦に参戦しました。

公開練習が行われた17日土曜は予報では雨でしたが、幸いなことに曇り時々晴れの天気となり
終日路面コンディションも低温ながら安定していました。
翌日の本番の日曜日は予報は晴れでしたが、実際には日のでない寒い一日となりました。

コース設定は昨年の最終戦とは大きく異なる、非常にテクニカルなレイアウトで
関東の全日本ジムカーナ選手権に相応しい素晴らしい設定でした。

今回のイベントは岡野選手の得意とするテクニカルなコース設定でしたが、
コンディション的には苦しい戦いとなり、1本目はライバルの山野選手に遅れを取り2位のポジションで終了しました。
2本目の逆転勝利は困難な状況でしたが、タイヤエアー圧の変更とACDモードの変更により
奇跡的に大幅なタイムアップを果たして、逆転優勝する事が出来ました。

これにより、今シーズンも幸先良いスタートを切ることが出来ました。

次戦は4月21日〜22日にタカタサーキット(広島県)で開催される第2戦となります。
引き続き応援をよろしくお願い致します。




2012年シーズン開幕直前 2012.03.07




2012年の全日本ジムカーナ選手権の開幕戦は3月17〜18日に
埼玉県本庄サーキットで開催されます。

それに向けての最終調整を行ってきました。
路面コンディションはウエット&ドライとなり、
絶好のテスト環境が整いました。

車両の各部チェックとタイヤのセットアップを中心に走行しましたが、
3シーズン目となり、セッティングも確定しているので、
特に問題点も見つかりませんでしたし、
岡野選手のドライビングも絶好調でした。

今年はディフェンディングチャンピオンとして2年連続チャンピオンを目指し頑張ります。

後は、各オイル交換とACDエアー抜き程度のメンテナンスで開幕戦に臨みます。



2012年度の浅間台スポーツランド・フリー指定コース 2012.11.15

2012年度の浅間台スポーツランドのフリー指定コースをアルファにて設定いたしました。

今年もリジットワークスドライバー岡野博史選手が考えたジムカーナの基本を学ぶ上で最適なコース設定としました。
(ご要望に応えて、B及びCコースは例年よりもテクニカルな設定としました。)

Aコース

http://www5.ocn.ne.jp/~asama.sl/2012ASL-A.pdf


Bコース


http://www5.ocn.ne.jp/~asama.sl/2012ASL-B.pdf


Cコース

http://www5.ocn.ne.jp/~asama.sl/2012ASL-C.pdf


是非、新コースを攻略して下さい。


2011年JAF全日本ジムカーナ選手権・第8戦・本庄ラウンド 2011.10.11






岡野選手の激走inCarビデオカタログCD-ROMに収録されています。


10月8日〜9日にかけて埼玉県の本庄サーキットにおいて開催された
JAF全日本ジムカーナ選手権第8戦(最終戦)に参戦しました。

土曜日の公開練習から日曜日の本番にかけて、
終始、秋晴れの気持ちいい気候で絶好のジムカーナ日よりでした。

今回のコースはランサーでもサイドターンが1回引くか引かないかで
トップスピードが140km/hをオーバーする
サーキットトライアル選手権とも言いたくなる様なコースレイアウトでした。

ハイスピードな設定のコースでしたが、岡野選手のスーパーテクニックで
1本目にベストタイムをマークして、そのまま逃げ切り
今期5勝目を上げることが出来ました。

この結果により、気持ちよくシーズンを終了する事が出来ました。

来シーズンも継続してランサーエボ]にてPN3クラスのチャンピオンを目指しますので
引き続き応援をよろしくお願いいたします。


2011年JAF全日本ジムカーナ選手権・第7戦・大牟田ラウンド 2011.09.21




お陰様で、PN3クラスのシリーズチャンピオンを獲得いたしました。


岡野選手の激走inCarビデオカタログCD-ROMに収録されています。


9月17日〜18日に福岡県のモビリティランド大牟田で開催された、
全日本ジムカーナ選手権第7戦に参戦いたしました。

当日は朝から雨が降っており、1本目の路面は完全ウェットでの走行となりましたが、
2本目は雨も止み急激に路面が乾いて、部分ドライ路面での走行となりました。

岡野選手は1本目は2位を1秒以上も引き離してのベストタイムをマークしましたが、
2本目は中間タイムはベストをマークしましたが、ターンセクションで軽いミスを犯して
0.2秒差の2位で終了いたしました。

この結果により、最終戦の本庄ラウンドを待たずにチャンピオンを獲得する事ができました。

岡野選手は1995年のA3クラス、2009年のN4クラスに続いて3度目の全日本チャンピオンに輝きました。

次戦は10月9日の第8戦本庄ラウンドとなりますので、
応援をよろしくお願い致します。




2011年JAF全日本ジムカーナ選手権・第6戦・茂木ラウンド 2011.08.30





アルファ製作のエボ](CZ4A)がワンツーフィニッシュいたしました。



岡野選手の激走inCarビデオカタログCD-ROMに収録されています。


8月27日〜28日に栃木県のツインリンク茂木・北ショートコースで開催された、
全日本ジムカーナ選手権第6戦に参戦いたしました。

当日は前戦のSUGOラウンドと同様に公開練習も本番も天気に恵まれて
気持ちよいコンディションでの戦いとなりました。

岡野選手は土曜日の公開練習から絶好調で
慣熟走行でもベストタイムをマークしました。
本番においても1本目からベストタイムをマークし、そのまま逃げ切り、
今期の4勝目をマークする事が出来ました。

これにより、次回の九州ラウンド又は本庄ラウンドの何れか1戦で
3位以内に入賞すれば、シリーズチャンピオンが決まります。

次戦は9月18日の第7戦大牟田ラウンドとなりますので、
応援をよろしくお願い致します。



2011年JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦・菅生ラウンド 2011.07.27







岡野選手の激走inCarビデオカタログCD-ROMに収録されています。

7月23日〜24日に宮城県のスポーツランド菅生で開催された、
全日本ジムカーナ選手権第5戦に参戦いたしました。

当日は前戦の砂川ラウンドと同様に公開練習も本番も天気に恵まれて
気持ちよいコンディションでの戦いとなりました。

岡野選手は土曜日の公開練習ではリズムがつかめず
タイムがあまり伸びずに、2位のタイムとなりましたが、
翌日の本戦では、コースに合わせたセッティングが上手く行き、
1本目からベストタイムをマークし、そのまま逃げ切り、
今期の3勝目をマークする事が出来ました。
これで、シリーズポイントもトップとなり、チャンピオン獲得争いで、
かなり優位になりました。

次戦は8月28日の第6戦モテギラウンドとなりますので、
応援をよろしくお願い致します。



2011年JAF全日本ジムカーナ選手権・第4戦・砂川ラウンド 2011.07.08






7月2日〜3日に北海道のオートランド砂川で開催された、
全日本ジムカーナ選手権第4戦に参戦いたしました。

当日は前戦のタカタラウンドとは異なり公開練習も本番も天気に恵まれて
気持ちよいコンディションでの戦いとなりました。

岡野選手は土曜日の公開練習では車両側のトラブルで
タイムがあまり伸びずに、2位のタイムとなりましたが、
翌日の本戦では、車両の不調も解消されて、
1本目からベストタイムをマークし、そのまま逃げ切り
今期の2勝目をマークする事が出来ました。

次戦は7月24日の菅生ラウンドとなりますので、
応援をよろしくお願い致します。


2011年JAF全日本ジムカーナ選手権・第3戦・TSタカタラウンド 2011.06.14






第2戦の名阪ラウンドに引き続き優勝を目指して
万全の体制で臨みましたが、ドライで走行した1本目に
痛恨のパイロンタッチを犯してしまい、2本目は完全なウェット路面となり
挽回することが出来ずに、今回は5位となりました。
これで、PN3クラスのポイント争いが益々激しくなりました。

7月3日の北海道・砂川ラウンドにはアルファ代表:中村誠司が
岡野博史選手とWエントリーにて参戦いたしますので
応援をよろしくお願いいたします。


2011年JAF全日本ジムカーナ選手権・第2戦・名阪ラウンド 2011.04.26





タイヤ関係の規則の大改正された新生PN3の初戦は
4月23日〜24日に名阪スポーツランドで開催された
2011年全日本ジムカーナ選手権第2戦となりました。

名阪での事前テスト走行を行わずに参戦したので、
不安でしたが、無事に初戦を優勝で飾ることが出来ました。

この調子でPN3クラスのチャンピオンを目指します。

次戦は6月11日〜12日に広島のタカタサーキットで行われる
全日本ジムカーナ選手権・第3戦となります。


参戦準備完了 2011.04.22






4月23日〜24日に名阪スポーツランドで開催される全日本ジムカーナ選手権第2戦が
アルファ・エボ]にとっては、昨年の10月以来、半年ぶりの参戦イベントとなります。

この名阪ラウンドは、長年参戦してきたN4クラスからPN3クラスへの移行後の
初参戦イベントとなる記念すべき1戦となりました。

今回の参加台数は13台と昨年のPN3クラスの参加者数を多く超える台数が集合し
激しいバトルが予感されます。

使用タイヤもSタイヤからレギュラータイヤとなり、
全国のレギュラータイヤクラスの頂点を決める戦いになりました。

10年以上に渡り、レギュラータイヤでのジムカーナを推奨してきた
アルファとしては感無量です。

どのような戦いが展開されるのか?当事者ながら楽しみです。


シーズン開幕 2011.03.24

東北関東大震災の影響で開催中止イベントが多く発生していましたが、
全日本ジムカーナ選手権は、4月24日の第2戦名阪スポーツランドラウンドから
開催されることになりました。

被災地の復興はまだまだ前途多難で、この時期に参戦する事に関しての
心苦しい気持ちもありましたが、諸状況を考慮した結果、
アルファのエボリューション]はこのイベントに参戦する事にいたしました。

すでに第1戦に向けてのセットアップは終了していましたので
特に準備することなく参戦する事が出来ます。


全日本ジムカーナ選手権第1戦中止について 2011.03.17

3月27日に鈴鹿サーキット南コースで開催が予定されていました、
全日本ジムカーナ選手権第1戦は東北関東大震災による影響で
開催が見送られる事になりました。

なお、第2戦の名阪ラウンドの開催に関しても現在協議中とのことです。


クラッチストッパー 2011.02.23



遅ればせながらエボ]用のクラッチストッパーを製作しました。
ドライビングポジションの改善とオーバーストローク防止に役立ちます。


装着方法は純正ストッパーとの交換方式ですので、
穴開け無しで簡単に装着出来ます。

クラッチの押し切り位置が約10mm手前に移動します。

※装着によりクラッチスイッチが押し切れずに、
セルモーターが回らなくなる可能性がありますので
その際には、スイッチ部分の調整が必要となります。

材質:ジュラコン製

適合車種:CZ4A

品番:AA-1013

本体価格(消費税別):\2,800



デモラン 2011.02.23

サスペンションやブレーキバランスを再セッティングして、
かなり煮詰まったPN3仕様のリジットエボ]のデモランを
2月27日のJMRC東京ジムカーナ部会主催ジムカーナレッスンにて行います。

http://jmrctokyo-g.com/

興味のある方は浅間台スポーツランドで、
PN3仕様エボ]ポテンシャルを確認して下さい。
(会場入場料として\500が必要となります。)



シェイクダン 2011.01.20



浅間台スポーツランドのフリー走行を利用して、
リジット・ランサーエボ]のPN車両でのシェイクダンテストを行いました。

タイヤはアドバン・ネオバAD08 255/40-18を装着しています。
ドライバーはもちろん岡野博史選手です。

走行結果はフリーAコースで54秒37をマークしました。
今年はかなり期待できそうです。



PN車両化完了 2011.01.14

無事にPN車両化が終了して、いよいよポテンシャルチェックを行います。
タイヤはもちろんアドバンネオバAD08です。

サスペンションやタイヤのセッティングがメインになりますが、
岡野選手は従来からネオバで走る事が多いので
それほど苦労なく乗りこなせると思っています。

今回の作業でBLITZ・R-VITのオプション・ブーストセンサーを追加装着して
正確なブースト値を表示出来るようにしました。
(センサー無しの場合には1.58kまでしか表示しませんので。)

軽い試走ではマックスで「1.88k」のブースト値をマークしました。

なお、2011年モデルのエボ]では2.00kをオーバーしたという情報もある程
エボ]のブースト値は全体的に高い傾向の様です。


PN車両化 2011.01.06


ランサーエボリューション] PN車両化

2011年全日本ジムカーナ選手権規定におけるPN車両のタイヤ規定変更に伴い
リジットワークスエボリューション]での全日本ジムカーナ選手権参戦クラスを
N4クラスよりPN3クラスに変更する事にいたしました。

タイヤも従来のA050よりネオバAD08となります。
また、下記の部分も規則に合わせて変更いたしました。

・サスペンションブッシュを純正化
・エンジンマウントを純正化
・マフラーリングを純正化
・デフマウントを純正化
・ファイナルギアを純正化
・ツインプレートクラッチをシングルタイプに変更
・サーモスタットを純正化
・フロントスタビ調整ブラケットを純正化
・リアスタビライザーを純正化
・フロントタワーバーを純正化
・リアタワーバーを取り外し
・ロールバーを取り外し
・助手席バケットシートを純正化
・ラジエターファン手動スイッチ取り外し

なお、近日中にPN車両としてのポテンシャルチェックを行う予定です。

アルファの新たな挑戦に応援をよろしくお願い致します。


浅間台スポーツランドの2011年フリー走行指定コース 2010.12.01


2011年の浅間台スポーツランドフリー指定コースでのリジット・エボ]の走行ビデオです。









来年の浅間台・東京シリーズはこれらのコースをベースにして開催されますので
是非、チャレンジして下さい。
1/1000秒計測可能な光電管システムでの計測サービスも
アルファが担当し、月一回のペースで開催されています。




お薦めメーターセットアップ 2010.11.26






2連表示


3連表示


6連表示


アナログ表示

現在制作中のエボ]ジムカーナ仕様のインパネです。
2DINにオーディオとメーターを組み込みました。
特注のアルミメーターパネルにRIGIDタービン温度計とBLITZのR-VITを1DINにセットしました。
ゴテゴテとメーターを装着するよりも、スッキリ収まり、データ量もISOCANのお陰で豊富です。



アクセルストッパー 2011.11.17


ランサーエボリューション] CZ4A アクセルストッパー

カーペットを装着している車では問題は発生していませんが、
カーペットを取り外して走行すると、アクセルペダルが根本から折れるトラブルが
発生していますので、画像の様なストッパーの装着が必須です。

エボ]でカーペットを取り外してしまう車は現状少ないので、当面の製品予定はありませんが、
ご希望があればワンオフ特注(\6,000(本体価格(消費税別)))にて対応いたします。


2011年モデルの製作中 2010.11.17




ユーザーより依頼されて、
来シーズン向けのエボリューション](2011年モデル・4型)の
フルジムカーナ車両を順次製作しています。

画像の車は2台目の製作車両で1台目と同様にフルコンプリート車両として製作します。
来シーズンの活躍に期待しています。



オフシーズンメンテナンス 2010.10.30




このところ、来シーズンの向けてのメンテナンスが連続しています。
偶然ですがエボ]が2台並びました。

主にデフのオーバーホールとサスペンションのセッティング変更です。
来シーズンの活躍に期待しています。


エボ]フィーバー 2010.10.28


来シーズンに向けて、2011年モデルのエボリューション]へのエボ\等からの乗り換えが進んでいます。

現在、競技車両への改造製作を依頼を受けているのは4台(N車両×3台、PN車両×1台)ですが
状況によってはもう1台増えそうです。

殆どが、エボ\を売却しての乗り換えになります。

エボ]のセッティングが煮詰まってきている事も乗り換えの理由ではありますが
この2011年モデルのランサーエボ]がエボの最終型との噂も影響しているようです。

何れにしても、年明けまでは忙しい日々が続きそうです。


2010年シーズン終了 2010.10.06


アドバンRIGIDランサーエボ]

9月2日〜3日に埼玉県の本庄サーキットで開催されたJAF全日本ジムカーナ選手権第9戦に参戦しました。
このイベントで今シーズンにおけるリジットワークスの参戦活動が終了します。
(JAFCUPには例年と同様に参戦いたしません。)

第8戦までシリーズ2位をキープしていましたが、
このイベントの成績如何でシリーズ順位が大きく変わる事になっていました。

残念ながら、関東地区での開催とは思えないような、テクニカルな設定が殆ど無い、
ジムカーナとしては異常に長い直線区間を設けたコースレイアウトの影響で
岡野選手のテクニックを全く生かせず、
今期としては最低のN4クラス10位という結果となりました。

ただ、かろうじてシリーズ3位に留まることが出来たのは不幸中の幸いでした。


現状では、来シーズンも継続してN4クラスに参戦する予定ですが、
諸状況によってはPN3クラスへの移行も検討する事になります。

1年間の応援ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。



ランサーエボリューション]・2011年モデル 2010.10.01




ランサーエボリューション](2011年モデル・4型)の受注が始まっています。
このモデルでエボシリーズは終了するとの噂が流れていますので、
購入を予定されている方は至急検討された方が良いと思います。
(あくまでも噂ですが・・・。)

特に競技ペースのRSは受注生産車ですので、
来シーズンの投入を考えている場合には
出来るだけ早めのオーダーが必要になります。

アルファではジムカーナ車両への改造も行っておりますので
お気軽にご相談下さい。(新車の購入のお手伝いもいたします。)



2010年JAF全日本ジムカーナ選手権・第8戦・鈴鹿ラウンド 2010.09.14






9月11日〜12日にかけて三重県の鈴鹿サーキット南コースで開催された
全日本ジムカーナ選手権・第8戦に参戦しました。

気温約39度、路面温度53度というここ数戦と同様に酷暑の中でのイベントになりました。

コース設定は国際カートコースなので必然的に直線の多いコースで、かなり苦しい戦いが予想されていましが、
前半のテクニカルセクションでタイムを稼ぎ、中盤から後半のハイスピードセクションでは
遅れを最小限とする事で、今回も3位入賞をいたしました。

シリーズ順位も最終戦の前ながら2位をキープする事が出来ました。

この調子で最終戦もより上位を目指して戦いたいと思っていますので、応援をよろしくお願いいたします。

最終戦は10月2日〜3日の本庄サーキットです。
ハイスピードなミニサーキットで、ターンセクションも単純な傾向なので、かなりの苦戦が予想されますが、
岡野選手にはキレた走りで、頑張って欲しいと思います。



2010年JAF全日本ジムカーナ選手権・第7戦・IOXラウンド 2010.08.25







8月21日〜8月22日にかけて富山県のイオックスアローザで開催された
全日本ジムカーナ選手権・第7戦に参戦しました。

気温約37度、路面温度50度という前戦に引き続いて酷暑の中でのイベントになりました。

コース設定はフルパイロンコースの為に、全体にテクニカルでしたが、
例年よりも前半区間は大味な印象を受けました。

見た目よりも難易度の高かった最終ターンセクションはニューバージョンのインナーシュー「RB-215ISF」
岡野選手は今回も楽々とクリアーしました。

結果は今期4回目の表彰台となる3位入賞となり、シリーズ順位も2位をキープいたしました。

この調子で残りの2戦も頑張って行きたいと思いますので、応援をよろしくお願いいたします。

次戦は9月11日〜12日の鈴鹿南コースでの第8戦です。
ハイスピードなカートコースで辛い戦いになると思いますが、昨年のような難しいターンセクションがあれば
上位入賞のチャンスも十分にありますので、岡野選手には頑張って欲しいと思います。



2010年JAF全日本ジムカーナ選手権・第6戦・もてぎラウンド 2010.08.03




7月31日〜8月1日にかけて栃木県のツインリンクモテギで開催された
全日本ジムカーナ選手権・第6戦に参戦しました。

気温約39度、路面温度55度という酷暑の中でのイベントになりました。
暑いながらも2本共にドライ路面での走行となりました。

コース設定は1カ所のシケイン付き右ターンセクションを除き、
一部逆送は含まれるものの、おおむねパワー勝負となるハイスピード設定になりました。

見た目よりも難易度の高かったターンセクションはニューバージョンのインナーシュー「RB-215ISF」
岡野選手は楽々とクリアーしました。

結果は今期3回目の表彰台となる3位入賞となり、シリーズ順位も2位にアップいたしました。

この調子で残りの3戦も頑張って行きたいと思いますので、応援をよろしくお願いいたします。

次戦は8月21日〜22日のイオックスアローザでの第7戦です。
今シーズン唯一のフルパイロンコースで、岡野選手が得意とするコースですので、
優勝目指して頑張ります。


TETRX・フルバケットシートカバー 2010.07.21


  

バケットシートを汚れや焼けから保護し、イベント会場への往復にも使用できる
交織デニム地のTETRXフルバケットシートカバーをランサーに装着しています。

このところの猛暑での移動ではサラッとしたデニム生地はとても心地よく感じます。
また、運転中の飲食での粗相からも大切なバケットシートを保護します。
(難燃繊維ではありませんので、タバコの火にはご注意下さい。)


2010年JAF全日本ジムカーナ選手権・第5戦・砂川ラウンド 2010.07.07



7月3日〜4日にかけて北海道の砂川で開催された
全日本ジムカーナ選手権・第5戦に参戦しました。

北海道とは思えない様な酷暑の中でのイベントとなり、
2本共にドライ路面での走行となりましたが、
2本目は1本目のタイヤダメージと路面温度の上昇により
ほぼ、1本目のタイムで勝負が付きました。

前半のハイスピードセクションではやや遅れを取っていますが
難易度の高い後半のターンセクションはニューバージョンのインナーシューで楽々クリアーしました。

結果は今期2回目の表彰台の2位となりました。
トップのエボ\との差が0.3秒と僅差だった事を考えると、
エボ]はかなり煮詰まってきていると思っています。

この調子で後半戦も頑張って行きたいと思います。



全日本ジムカーナ選手権・第5戦に向けて 2010.06.23



7月3日〜4日に北海道の砂川で開催される
2010年全日本ジムカーナ選手権第5戦に向けての
リジット・エボ]のサスペンションテストをアジュールとの共同作業にて
6月21日に関越スポーツランドでのチームSTPの練習会を利用して行いました。

なかなか良く仕上がりましたので、動画をアップいたしました。


全日本ジムカーナ選手権・第4戦大牟田ラウンド 2010.06.15



※より高画質な動画はカタログCD-ROMに収録しています。


6月12日〜13日にかけて福岡県の大牟田モビリティランドで開催された
全日本ジムカーナ選手権・第4戦に参戦しました。

1本目はウェツト路面、2本目はほぼドライ路面となり、
結果的に、2本目だけの1本勝負となりました。

難易度の高い後半のターンセクションはニューバージョンのインナーシューで楽々クリアーしましたが、
残念ながら、前半のハイスピードセクションでの遅れを取り戻すことは出来ず、
結果は前戦と同様の4位で終了いたしました。

次戦は北海道・砂川ラウンドです。
直線区間が長い不利なコースレイアウトですが、
何とか上位を目指したいと思っていますので
応援をよろしくお願い致します。



スプリングマウントシート・スラストタイプ 2010.06.01


スプリングマウントシート スラストタイプ SSB-6515 ランサー フロント


スプリングマウントシート スラストタイプ SSB-211 ランサー リア

スプリングマウントシート・スラストタイプの発売を開始いたしました。
スプリングのスムーズな伸縮と異音発生を抑えます。
特に高バネレート使用車両に最適です。

詳細はココをご覧下さい。



全日本ジムカーナ選手権・第3戦SUGOラウンド 2010.05.18




5月15日〜16日にかけて宮城県のスポーツランドSUGOで開催された
全日本ジムカーナ選手権・第3戦に参戦しました。

結果は惜しくも4位でしたが、前回の名阪ラウンドよりは内容的には充実していました。

難易度の高いターンセクションもニューバージョンのインナーシューで楽々クリアーしました。

次戦の九州ラウンドはより上位を目指します。


スーパーインナーシュー RB-215ISF ニューバージョン 2010.05.11



ランサーエボW〜\対応のリジットスーパーインナーシュー「RB-213ISF」は
すでにニューバージョンを発売していましたが
このほど、エボ]対応品「RB-215ISF」も遅ればせながらニューバージョンとなりました。

シューの成形方法を変更した事により、シュー素材の剥離を防止し
素材の剛性アップにより、効き味も向上させました。

低温から確実に効く素材により、エボ]でのより確実なサイドターンを約束します。

なお、価格・品番は従来品と同様です。


2010年JAF全日本ジムカーナ選手権第2戦・名阪ラウンドに向けて 2010.04.20

4月24日〜25日にかけて、名阪スポーツランドで開催される
全日本ジムカーナ選手権第2戦に向けて、
エボ]のサスペンション関係にテスト中の秘密兵器を装着してみました。

装着効果の確認がとても楽しみです。

もちろん、効果が確認でき次第、市販化に向けて動きますので、ご期待下さい。


2010年JAF全日本ジムカーナ選手権第1戦・備北ラウンド 2010.03.31




3月27日〜28日に岡山県の備北サーキットで開催された
2010年JAF全日本ジムカーナ選手権第1戦でのリジット・エボリューション]の激走ビデオです。

カタログCD-ROMにはより高画質で収録されています。



デビューtoウィン 2010.03.30


3月27日〜28日に岡山県の備北サーキットで開催された
2010年JAF全日本ジムカーナ選手権第1戦でリジット・エボリューション]が
デビューtoウィンをなしとげました。

ドライ→ウエットという路面コンディション変化により、結果的に1本勝負となり、
1本目を慎重に手堅く走りきり暫定1位となったリジットワークスの岡野選手が
そのまま逃げ切り、記念すべきエボリューション](ナンバー付クラス)での
初優勝をゲットする事が出来ました。

これも、リジットファンの皆様のお陰だと感謝しております。
これからも、応援をよろしくお願いいたします。


全日本開幕直前メンテナンス 2010.03.24


全日本ジムカーナ選手権第1戦に向けての事前テストメニューを全て消化しましたので
ランサーエボリューション]の最終メンテナンスを行いました。

エンジンオイル
・Totalエンジンオイル(クオーツ 5W-30)
・STPオイルトリートメント
・シスコエンジンブースター
・三菱純正オイルフィルター

ミッションオイル
・CODE#110+CODE#80ブレンド

トランスファーオイル
・CODE#110

リアデフオイル
・CODE#110

ACDエアー抜き
・三菱純正オイル

こうやって書くと凄いオイル量ですね。
まさに液体マシーンです。


強化デフマウント発売開始 2010.03.17


テスト走行によりリジット強化デフマウントの装着効果の確認が出来ましたので
本日より発売を開始いたしました。

詳細はココをご覧下さい。


強化デフマウント 2010.03.12


 

リアデフキャリアー振動由来のジャダー対策の為に、
スグリを無くした、より強力なデフマウント(N車両規定対応・強化ゴム製)を試作しました。

数日中に行う予定のテスト走行で装着効果が確認でき次第、発売を開始いたします。


サスペンションテスト 2010.02.23


2月22日(月)に関越スポーツランドで行ったチームの練習会において、
アジュール川村代表の立ち会いの下、
開幕戦に向けてのサスペンション最終テストを行いました。

ショックの仕様変更と共に、前後のスプリングレートの見直しを行い
フロントが従来の15Kから17K、リアが従来の11Kから13Kに
それぞれ2Kアップする結果となりました。

第1戦には、この仕様で臨むことになります。



デモラン 2010.02.18

3月7日にチームSTP主催により浅間台スポーツランドで開催されるJMRC東京・浅間台シリーズ第1戦にて
アドバン・リジットランサーのデモンストレーションランを行います。

タイヤはイベント参加車両に合わせてアドバンネオバAD08・255/40-18を使用します

仕上がったサスペンションとレギュラータイヤとのマッチング確認が出来るので楽しみです。


アクセルストッパー 2010.02.06




2008年モデルのエボ]でアクセルペダルが根本から折れたので、
今回はアクセルストッパーを試作してみました。

カーペットを取り外していない車ではトラブルは出ていない様なので、通常では必要は無いと思いますが、
カーペットを取り外した競技車両では装着した方が良さそうです。



シェイクダウン 2010.02.05




2月4日(木)に浅間台スポーツランドでシェイクダウンを行いました。

シェイクダウンと同時にプレイドライブ誌の取材も受けましたが、
前日の夜に降った雪の影響で、午前中は走行は全く出来ず、
残念ながら、午後だけの走行となりました。

最終的に時間切れになり、サスペンション関係の細かな煮詰め作業は後日再テストすることになりました。
ただ、時間的にはまだ十分ありますので、3月の開幕戦には十分に納得できるセッティングで望めそうです。

なお、路面が安定した時点で、
A050の245/40-18と255/40-18との性能差の確認テスト走行を行いましたが
約0.7〜1秒程、255/40-18の方が速いという結果になりました。

やはり、エボリューション]のポテンシャルを最大限引き出すには、255/40-18サイズは必須です。







シェイクダウン準備 2010.02.02




今週予定しているシェイクダウンの為にホイールを準備しました。
2008年モデルの時はシルバーでしたが、2010年モデルではゴールドを採用しました。

用意したホイールは全てアドバンRGUで、ホイールデータは下記の通りです。

Front:10J-18 +25 PCD114.3 5H
Rear :9J-18  +35 PCD114.3 5H



カラーリング終了 2010.01.30




カラーリング終了。

車が締まって見えるようになりました。



カラーリング 2010.01.29




機能パーツの装着、アライメント調整、デフミッション慣らし等が終了して、
最終作業のカラーリングに着手しています。
やはり、いつ見てもプロの作業は見事です。

やはり、カラーリングすると車に魂が入って、頑張ってくれるような気がしてきます。


納車から僅か2週間で完成するのは改造範囲の狭いN車両ならではです。

カラーリングが終了すれば、シェイクダウンの準備は100%完了します。



N車両化中2 2010.01.23



車室内のカーペットやコンソール類は一旦全て取り外します。
ステアリングは作業の都合上、最後に取り付けます。



車体剛性への余分な影響を極力排除する為にピラー止めの無い、乗員定数変更無しタイプを採用しました。
※本製品は生産を終了いたしました。


リアアーチとリアシートとの部分の処理が一番面倒でした。



リアの動きをシャープにするRIGIDタワーバーを装着しました。



スーパーオーリンズアルファスペック(フロント)


スーパーオーリンズアルファスペック(リア)

順調に作業が進んでいるので、来週初めにはミッション、デフ関係の慣らし走行を行えそうです。



N車両化中 2010.01.21




現在、N車両化中ですが、通常業務の合間を縫ってでの作業なので、予定よりも少し遅れ気味です。

それでも、何とか2月上旬に予定しているシェイクダウンには間に合いそうです。


慣らし走行終了 2010.01.19

エンジン及びミッションギアを中心にした慣らし走行を3日間かけて行いました。

相変わらずのノーマル状態の仕上がりの悪さにはガッカリしました。

やはり、エボ系は改造することが前提の車両の様です。

特に、サスペンションとオプションの245/40-18タイヤとのマッチングは最悪で
とても、コーナーを攻めて走る気にはなれません。

また、ブレンボキャリパーのノーマルパッドの効きは弱すぎて緊急制動時に不安を感じます。

RSを購入したら、最低でもサスペンションとブレーキのチューニングは必須だと思います。

いよいよ、今日から改造に着手しますが、
アルファのワークス車両はエンジンを開けるような事はしませので
来月初めにはシェイクダウンを予定しています。


車両重量測定 2010.01.16


競技車両への改造する前に必ず行うノーマル状態での車両重量測定を行いました。

測定結果は下記の通りでした。

・Total重量:1470kg
・Front重量:870kg
・Rear重量:600kg

前回購入したエボ]の2008年モデルの重量は1440kgでしたので
カタログの通り約30kgの重量増となっていました。

特にフロント側が20kg重くなっていますので、ビッグローターとキャリパーの影響が多い様です。

エボ]の最低重量は1420kgですので、約50kg程の余裕があることになります。

50kgもの軽量化は規則の範囲内では不可能に近いので、
最低重量を気にすることなく車両製作が可能です。


類別区分 2010.01.15


今回のエボ]ではメーカーオプションのブレンボキャリパーを選択したので類別区分番号が「2003」になっています。

前回のエボ]の類別区分は「0001」でしたので、標準の15インチキャリパー車は末尾が「1」で
ブレンボキャリパーオプション車はの末尾は「3」となります。

類別区分番号の頭が「0」は2008年モデル、「1」は2009年モデル、「2」は2010年モデルになります。

前回の15インチキャリパー車との違いは、ブレーキキャリパーがブレンボになっただけではなく
フロントクロスメンバー補強バー及びロアブレースがセットで追加装備されています。

エボ]の中古車で、キャリパー変更しているかどうかの判断はこれらのデータにより明確に区分出来ます。

特にP、PN、N車両ではキャリパーのラインオフ状態からの変更は規則に抵触しますので注意してください。
(実際にダートラにおいて失格者が出ています。)


納車完了 2010.01.15



諸般の事情で車両の完成が遅れに遅れて、やっと本日車両を三菱ディーラーより引き取れました。

今日中にナンバー取得して、明日には車両重量測定を行い
その後、エンジン関係の慣らしを3日間かけて実施します。

ただ、大雪が降ったので、高速道路での遠距離一気慣らしは難しい状況になっています。
時間がかかりますが、一般道メインでの慣らし走行になりそうです。

本格的な改造作業は来週からになりますが、装着パーツは全て揃っていますので、1週間程度で完成する予定です。







BACK