〔最終更新日:2011.10.21〕


開発日記はココをクリックしてください。



Phot by Itou



車両グレード:15C(5速ミッション仕様)
オプション選択:無し

車両型式:DBA-DE5FS

エンジン形式:ZY-VE

カテゴリー:JAF・N車両

JAF登録番号:JY-138

最低重量:980kg(ガソリン満タン時重量)
基準重量:949kg(ガソリン空タン時重量)

セッテイング&コメント責任者:中村誠司(アルファ代表)
テストドライバー:岡野博史(アルファ・テスト契約ドライバー)
車輌製作責任者:高橋明裕(アルファ・チーフメカニック)


リジット/テトラックスパーツ適合一覧

パーツ種別 区分 品 番 備 考
サスペンションキット ASKA-305 JAF・N車両規定適応品
スーパーオーリンズαスペック
スプリングマウントシート
スラストタイプ
Front SSB-305 直巻き65φ専用アタッチメント
スラストタイプ
Rear SSB-315
スプリングスペーサー Rear SS6505 リア車高調整用スペーサー 5mmアップ
SS6510 リア車高調整用スペーサー 10mmアップ
スプリングクッション Rear SSC-20 スプリングクッション
ロアアームブッシュ Front(Front 側) DE001 強化ゴム製
強化エンジンマウント Y-5027AM 純正エンジンマウント加工タイプ
(本製品はリジットブランドでは御座いません。)
ブレーキパッド
(15C)
Front RB3011 ノンアスNC材
RB3011G ノンアスND材 初期ロック防止タイプ
Rear RB3111S シュー SF材
RB3111SG シュー SG材
ブレーキパッド
(SPORT)
Front RB3012 ノンアスNE材
RB3012G ノンアスND材 初期ロック防止タイプ 
Rear RB3112S シュー SF材
RB3112SG シュー SG材
クスコαスペックLSD Front AGL306F ジムカーナセッティング
ファイナルギア Y-0025FG 4.388ファイナルギアセット
クラッチシステム 強化カバー RC303 圧着力:540kg
メタルディスク RD303M フルメタルディスク
カバー&ディスクセット RCD303M RC303+RD303M
バケットシート TS タイプTタイプU、ワイド
タワーバー Front TB-304MS オーバルスチール MSタイプ
シフトノブ NDM102DU ジュラコン製 ディープタイプ
ホイールナット RN16T ジュラルミン製 標準タイプ
強化マフラーリング RM-003 強化ゴム製(3個使用)
バッテリー端子アダプター BTA 2輪用9BS及び12BS用端子キット
バッテリー端子アダプター&取り付けステーセット BTS-A 2輪用9BS及び12BS用端子キット
バッテリー固定ステー
バッテリーキット Y-1003BA BTS-A+9BSサイズバッテリー
Y-1004BA BTS-A+12BSサイズバッテリー
タイヤカバー 標準 TC-M レッド・ブルー
ヘビーディユーティー TC-HM ブラック・オレンジ



「デミオ」の車両製作のご相談を受け付けております。
ご相談はメール・TEL(048-873-6986)・アルファ店頭にてお気軽にどうぞ。




〔車両仕様〕 
2011.09.30 現在



サスペンションキット ASKA-305


スプリングマウントシート スラストタイプ SSB-305 デミオ DE5FS フロント
スプリングマウントシート スラストタイプ SSB-305


スプリングマウントシート スラストタイプ SSB-315 デミオ DE5FS リア
スプリングマウントシート スラストタイプ SSB-315



RIGID スプリングクッション SSC-20



RIGID フロントパッド RB-3011G



RIGID リアシュー RB-3111SG



クスコαスペックLSD AGL-306F 



クラッチカバーディスクセット RCD-303M



ナルディ・スポーツAタイプ



TETRX TS13 + セキュロンフルハーネス



RIGID ディープタイプ・ジュラコン・レーシングシフトノブ NDM102DU



可倒式牽引フック Y-1033FK



エンケイ RC-T4 Front 7J-15 +48  Rear 6.5J-15 +40
アドバン AD08 Front:205/50-15 or 195/50-15  Rear:195/50-15 or 185/55-15
ジュラルミンナット RN16TS



ヒールプレート(Y-1018MP)



マツダ純正ロッドアンテナ




《開発日記》

ラストラン 2011.10.21

デミオの売却 2011.09.30

スプリング・クッション 2011.08.09

SG材・リアシュー完成しました。 2011.07.19

JAF関東ジムカーナ地方選手権・第5戦 2011.06.08

シートベルト交換 2011.05.18

関東地方選手権第1戦の中止について 2011.03.17

PN仕様シェイクダウン 2010.12.11

PN車両化 2011.12.01

JAF関東ジムカーナ選手権第10戦(最終戦) 2010.09.21

JAF関東ジムカーナ選手権第9戦 2010.08.31

TETRX・フルバケットシートカバー 2010.07.21

JAF関東ジムカーナ選手権第7戦 2010.07.21

JAF関東ジムカーナ地方選手権第5戦 2010.06.08

スプリングマウントシート・スラストタイプ 2010.06.01

マイクロロン処理 2010.05.18

秘密兵器 その2 2010.04.27

秘密兵器 2010.04.22

近況報告 2010.04.20

メンテナンス 2010.03.05

2010年JAF関東ジムカーナ地方選手権第1戦 2010.03.02

2010年シーズン開幕 2010.02.25

2010年シーズン・参戦準備完了 2010.01.27

2010年シーズン開幕に向けて 2010.01.14

2010年浅間台スポーツランド・フリー指定コース 2009.12.28

2009年JMRC関東チャンピオンシリーズ最終戦 2009.10.01

インカービデオ2 2009.08.10

インカービデオ 2009.07.28

フロントロアアーム(フロント側)強化ブッシュ 2009.04.21

G6関東シリーズ第2戦参戦 2009.04.14

イベントデビュー 2009.03.10

アンテナ交換 2009.03.07

Gタイプ・フロントパッド 2009.03.06

ヒールプレート取り付け 2009.03.06

可倒式牽引フック装着 2009.02.27

シェイクダウン終了 2009.02.24

完成 2009.02.21

改造作業中 2009.02.20

車両重量 2009.02.17

慣らし走行終了 2009.2.17

無事納車 2009.02.13

納車日決定 2009.02.10

タイヤ及びホイール 2009.02.05

生産日確定 2009.02.03

正式発注 2009.01.22


ラストラン 2011.10.21




アルファドライビングスクールプライベートレッスンが午前中で終了しましたので
午後にデミオでの最終テスト走行を行いました。

テスト内容はErth1のジムカーナ走行に於ける摩耗チェックと
リアシューのさらなる改良テストでした。

どちらも無事にこなして、デミオでのテスト走行は全て終了しました。

これで、心おきなく次のドライバーに引き渡せます。
(各種オイル交換、内外清掃、パーツ組み込み等が残っていますが・・・。)

サスペンション、デフ、ブレーキのセットアップはバッチリですので、
デミオのジムカーナ車両製作はアルファにお任せ下さい。
(スポルトでも15CでもOKです。)



デミオの売却 2011.09.30

2009年2月から約2年半活躍したアルファ・デミオは
9月25日に関越スポーツランドで開催されたJAF関東ジムカーナ地方選手権第10戦での走行が
競技会に於けるラストランとなりました。

ブレーキやサスペンションの開発が全て無事に終了し、一定の役割を終えましたので、
次のユーザーに引き渡す事になりました。

ただ、売却先はチーム員なので、今後も必要に応じて
パーツの開発・進化は続けて行く予定です。


スプリング・クッション 2011.08.09


スプリングクッション SSC-20

スプリングクッション デミオ リア 装着事例
デミオ(DE5FS)リア装着例


デミオやその他FF系車両のリアスプリングのタワミ、ズレにより発生する不快な異音を防止する
発砲ゴム(EPDM)製のスプリングクッションです。
弾力性がありながら柔らい非吸湿性ゴム素材の為、本製品装着による車高変化は殆ど発生致しません。


品名:スプリングクッション
品番:SSC-20
材質:発泡ゴム(EPDM)
サイズ:厚み20mm 外径100φ 内径55φ

本体価格(消費税別):\1,800 (2枚セット)

※本製品の詳細はココをクリックして下さい。



SG材・リアシュー完成しました。 2011.07.19




剥離トラブルをほぼ完璧に防止する車種別専用金型成形方式を採用した
デミオ(DE5FS)対応の
SG材採用新型シューを発売いたしました。

確実なロックのみならず、前後のブレーキバランスも改善されます。
サイドの効きが悪くサイドロックが不確実な15Cユーザーに強くお薦めします。
(もちろんスポルトユーザーにも楽勝ターンを約束します。)


RB3111SGを装着して菅生のテクニカル区間を最速で駆け抜けた赤田選手の15Cです。



この部分が金型成形の証です。


・品番:RB-3111SG
・素材:SG材
・適合車種:デミオ・15C
・適合型式:DE5FS
・本体価格(消費税別):\29,000
 ※フロントにはRB3011Gの装着をお薦めします。


・品番:RB-3112SG
・素材:SG材
・適合車種:デミオ・スポルト
・適合型式:DE5FS
・本体価格(消費税別):\29,000
 ※フロントにはRB3012Gの装着をお薦めします。


製品の詳細はココをクリックしてください。


JAF関東ジムカーナ地方選手権・第5戦 2011.06.08




新タイヤ規定での新たなPN1クラスに参戦していますが、
関越スポーツランドでの第3戦、浅間台スポーツランドでの第4戦共に
車両の不調で今一成績が奮いませんでしたが、
6月5日にスピードパーク新潟で開催された第5戦では
車両も本来の調子を取り戻して、まずまずの結果(3位)となりました。
(第1戦と第2戦は震災の影響で中止となりました。)

後半戦もこの調子で頑張ります。


このスピードパーク新潟はデミオの様なコンパクトカーには
とても楽しいコースだと思います。


シートベルト交換 2011.05.18




シートベルトを旧来のパイロテクトより最新のセキュロンに変更しました。
デミオに装着したのはアルファオリジナルモデルの5点式「Y-0031CHRD」です。

超軽量・リーズナブルなカムロックタイプのフルハーネスシートベルトです。
緩めやすく緩まないシートベルトの理想型です。


関東地方選手権第1戦の中止について 2011.03.17

3月20日にツインリンクモテギ・マルチコースで開催が予定しておりました
JAF関東ジムカーナ地方選手権は東北関東大震災の影響により中止となりました。


PN仕様シェイクダウン 2010.12.11


PN仕様に変更したデミオのシェイクダウンを浅間台スポーツランドの
2011年フリー走行指定コースで行いました。


指定コースA



指定コースA in CAR



指定コースB



指定コースB in CAR


PN車両化 2010.12.01


色々と検討した結果、来シーズンもデミオで参戦する事になりました。
関東の地方選手権がNT1よりPN1に変更されましたので、
規定に合致しないパーツを取り外して、PN車に変更しています。
こんな時に備えて、全ての純正パーツを保管していましたので
戻す手間以外には、全く負担はありません。
(これで、全日本のPN1クラスにも関東の選手は参戦出来ます。)



純正に戻す部分は下記の通りです。

・4.388ファイナルギア
・強化エンジンマウント
・強化マフラーリング
・フロントロアアームブッシュ
・フロントタワーバー
・ラジエターファン強制作動スイッチ

確かに多少戦闘力は落ちますが、快適性は増しますので自走が楽になりますね。


JAF関東ジムカーナ選手権第10戦(最終戦) 2010.09.21


リジット デミオ DE5FS Phot by Moa
Phot by Moa

9月19日に群馬県の関越スポーツランドで開催された
JAF関東ジムカーナ地方選手権第10戦(最終戦)に参戦しました。

新品シャフトの慣らしも入念に行い、車は万全の状態で臨みましたが
結果は3位で終了しました。

今シーズンの地区戦は1位×2回、2位×4回、3位×2回、4位×1回、6位×1回で
シリーズポイントは合計で140ポイントとトップでしたが、
有効ポイントの関係でシリーズ順位は2位で終了しました。

来年の活動予定はこれから色々と検討したいと思いますが、
デミオでの2年間のジムカーナ活動は有意義であったと自負しています。
来年からデミオで参戦するという声が多いので楽しみです。



JAF関東ジムカーナ選手権第9戦 2010.08.31






8月29日に長野県のさるくらモータースポーツランドで開催された
JAF関東ジムカーナ地方選手権第9戦に参戦しました。

前戦の第9戦が6位と惨敗しましたので
今回がチャンピオン獲得のラストチャンスでした。

当日の天候は晴れで、猛暑の中での戦いとなりました。

タイヤも車も完璧な状態で臨みましたが、
残念ながらトップから0.8秒差の2位に終わりました。

これで、最終戦を待たずにシリーズ2位が確定しました。

関越スポーツランドでの最終戦も頑張って走ります。



TETRX・フルバケットシートカバー 2010.07.21




バケットシートを汚れや焼けから保護し、イベント会場への往復にも使用できる
交織デニム地のTETRXフルバケットシートカバーをデミオに装着しています。

このところの猛暑での移動ではサラッとしたデニム生地はとても心地よく感じます。
また、運転中の飲食での粗相からも大切なバケットシートを保護します。
(難燃繊維ではありませんので、タバコの火にはご注意下さい。)


JAF関東ジムカーナ選手権第7戦 2010.07.21





7月18日に千葉県の浅間台スポーツランドで開催された
JAF関東ジムカーナ地方選手権第7戦に参戦しました。

前回の関越スポーツランドでの第6戦では、
思わぬ伏兵が現れて4位に終わり、
シリーズポイント的に厳しい状況になっていましたので
今回はどうしても落とせない1戦になりました。

今回はデミオでも7回〜8回はサイドを引く必要のある
かなりテクニカルなコース設定でしたが、
必死にサイドを引きまくって
何とか優勝する事が出来ました。(今期2勝目)

お陰様で、シリーズ順位もトップに返り咲く事が出来ました。

次回の本庄サーキットでの第8戦には、
全日本のPN1クラスに参戦している選手も参加するという噂もありますので
今以上に厳し戦いになると思いますが、
精一杯頑張りたいと思っています。



JAF関東ジムカーナ地方選手権第5戦 2010.06.08


リジットデミオ(DE5FS) Phot by Moa

6月6日にJAF関東ジムカーナ地方選手権第5戦が新潟県のスピードパーク新潟にて開催されました。

2010年シーズンの折り返し戦でしたが、残念ながら3戦連続2位で終わり、シリーズ順位も2位に転落しました。
ただ、車の仕上がりは上々でしたので、動画をアップしておきます。








ドライブレコーダーを利用したインカービデオです。



スプリングマウントシート・スラストタイプ 2010.06.01


スプリングマウントシート スラストタイプ SSB-305 DE5FS フロント
フロント用 SSB-305


スプリングマウントシート スラストタイプ SSB-315 DE5FS リア
リア用 SSB-315


スプリングマウントシート・スラストタイプの発売を開始いたしました。
スプリングのスムーズな伸縮と異音発生を抑えます。
特に高バネレート使用車両に最適です。

ステアリングの操舵力も軽くなり、サイドターン旋回もスムーズになります。

イベント会場への往復で、乗り心地がもの凄く良くなりますので
バネ由来の突き上げを不快に感じる方にもお奨め出来ます。

詳細はココをご覧下さい。



マイクロロン処理 2010.05.18



5月9日にツインリンクもてぎで開催された、JAF関東ジムカーナ地方選手権への参戦前に
エンジンのマイクロロン処理を行いました。

走行距離も1万キロを超えたので、丁度良い処理時期だと判断しました。

いつもながら、マイクロロン処理後のエンジンの調子は体感出来るほど良くなります。


秘密兵器 その2 2010.04.27


浅間台スポーツランドにてサスペンションに装着した
秘密兵器の性能確認テストを行いました。

町乗りでも体感できたステアリング操舵力の軽さと
サイドターン時のリア旋回がスムーズになることが確認出来ました。

又、今まで使用する事が出来なかった、高減衰力での走行が
可能になった事のメリットを感じました。

モータースポーツフィールドで走行する全ての車種に応用する事が出来ますので
順次開発を進める予定です。

なお、競技用部品なので本来は目的とはしませんでしたが、
競技用ショックでの市街地走行がとても楽になりましたので
ストリートメインのユーザーにも奨められます。



秘密兵器 2010.04.22


ランサーエボリューション]に続いて、デミオのサスペンションにも秘密兵器を装備しました。

まだ、町乗り段階ですが、明らかに体感出来ます。

近日中に行うジムカーナ場でのテスト走行が楽しみです。

色々な競技車両に装着出来ますので、順次テストを行って行きます。


近況報告 2010.04.20

近況報告です。

車は絶好調ですが、ドライバーのミスが多く成績が安定していません。


・3月21日 JAF関東ジムカーナ地方選手権第2戦(ツインリンクもてぎ・マルチコース):NT1クラス 3位

・4月11日 JAF関東ジムカーナ地方選手権第3戦(浅間台スポーツランド):NT1クラス 2位


・4月18日 JMRC東京・浅間台ジムカーナシリーズ第2戦:NT-FF1500クラス 優勝




4月19日に5月9日の地区戦第3戦に向けての練習でツインリンクもてぎ・北ショートコースを走ってきました。
ドラドラで撮影したインカービデオです。タイムは50秒中盤です。





メンテナンス 2010.03.05

地区戦第1戦で絶対的なトラクション不足を感じたので、
念のためにLSDのオーバーホールを急遽実施しました。



1年1万キロ走行と競技車両としては近年まれに見る多走行となったデミオですが
取り外したLSDプレートの状態を確認する限り
FF車ながらLSDのオーバーホールは1年1回で十分な様です。

ミッション脱着に伴いクラッチディスクも同時交換しましたが、
こちらもまだ使える状態でしたので、
やはり軽量・ローパワー車はメンテナンス費用も安上がりです。

また、これも念のためにプラグも交換しました。
(今回も社外品ではなくマツダ純正プラグを選択しました。)


これで、東京・浅間台ジムカーナシリーズ第1戦の試走と
地区戦第2戦への車の準備は万端です。


2010年JAF関東ジムカーナ地方選手権第1戦 2010.03.02


2月28日に関越スポーツランドで開催されたJAF関東ジムカーナ選手権第1戦に参戦してきました。
お陰様で記念すべきレギュラータイヤ初の地方選手権タイトル戦で優勝する事が出来ました。

今年は第1戦からNT1クラスにはデミオが8台(参加9名)が参戦しました。
まだまだデミオでの参加者は増えると思いますので、今年は楽しくなりそうです。

次戦は3月21日の茂木マルチコースでの第2戦です。
頑張って連勝を目指します。


2010年シーズン開幕 2010.02.25


2月28日に関越スポーツランドで開催されるJAF関東ジムカーナ地方選手権第1戦が
リジット・デミオの今シーズンファーストイベントです。

サスペンションのリファイン、イベント用タイヤのコンディション作りも終えて
出来るだけの準備は終了させたつもりです。

昨年の3台エントリーとは異なり、
3倍の9台もの参加がありますので、かなりの激戦が予想されますが、
シリーズチャンピオンを目指して頑張ります。


2010年シーズン・参戦準備完了 2010.01.27


STP新年会in ASL 2010.01.24

2月28日の地区戦開幕に向けての車両メンテナンスが終了して、
現在はドライバーのメンテナンス中です。

チームの練習会やジムカーナレッスン等で開幕までに4回ほど走れますので
第1戦までには、ドライバーも仕上がると思います。

今年もライバルに遅れを取らないように気合いを入れて参戦します。


2010年シーズン開幕に向けて 2010.01.14

関東のジムカーナ地方選手権は2月28日の関越スポーツランドからスタートしますが、
今年から関東のNTクラスがJAFの地方選手権として認定されることになりました。
去年1年間、3台のデミオで全戦成立を目指して頑張った甲斐がありました。

NTクラスのSタイヤ規制は昨年の銘柄規制+パターン規制(外周を連続して1周する溝)になりましたが
昨年、選手側から要望していたファイナルギア規制に関しては今年は見送られましたので
デミオも継続してファイナルギアの交換が認められています。
(来年については、JMRC関東ジムカーナ共通規則書で規則改訂の予告が記載されています。)

去年のJAFCUP出場は断念した為に、
アルファのデミオには4.388ファイナルギアが装着されたままですので、
今年もそのままの仕様で参戦する事にしました。
(1分程度のコースでの1秒近い差は無視出来ません。)

チームメイトのデミオも今年はファイナルを交換しての参戦を予定しています。


2010年浅間台スポーツランド・フリー指定コース 2009.12.28


浅間台スポーツランド2010年フリー指定コースのインカービデオを撮影してきました。
来年の3月7日(日)からスタートする東京・浅間台シリーズは
このA,B,Cの何れかのコースを数カ所変更して開催されますので
少しでも参考になれば幸いです。



指定コースA




指定コースB




指定コースC



2009年JMRC関東チャンピオンシリーズ最終戦 2009.10.01

9月27日に浅間台スポーツランドで開催された
JMRC関東チャンピオンシリーズ第10戦で、今シーズンの公式戦参戦は終了しました。

残念ながら、2/1000秒差で2位に留まりましたが、
悔いのない戦いが出来たと思っています。




サスペンションやブレーキバランスのセットアップも完成し、
無心に走ることが出来る車になりました。

来年はデミオが活躍出来るフィールドが広がると予想されますので
今年と同様に継続して参戦したいと思っています。


インカービデオ2 2009.08.10

2009年8月9日に関越スポーツランドで開催されたJMRC関東チャンピオンシリーズでのトライを
ドライブレコーダーでスタートからゴールまで撮影することが出来ました。





インカービデオ 2009.07.28


2009年7月26日に浅間台スポーツランドで開催された
JMRC関東ミドルシリーズでの試走の時にドライブレコーダーを利用して撮影してみました。
広角レンズなので、結構よく見えます。





フロントロアアーム(フロント側)強化ブッシュ 2009.04.21




気になるフロントサスペンションのジャダーを軽減する、
フロントロアアーム(フロント側)強化ゴムブッシュをの発売を開始いたしました。



G6関東シリーズ第2戦参戦 2009.04.14


4月12日に浅間台スポーツランドで開催されたG6ジムカーナ関東シリーズ第2戦に参戦しました。

結果はNFF1クラス(1500cc以下で吸気排気系ノーマルの前輪駆動車)で優勝しました。

サスペンションも煮詰まり、無意識に攻めることが出来る車に仕上がったお陰だと思います。

走行ビデオはココをクリック。


イベントデビュー 2009.03.10



3月8日に群馬県の関越スポーツランドで開催された
「2009年度JMRC関東チャンピオンシリーズ第1戦」のNT1クラスに参戦し、
デミオをジムカーナ実戦デビューさせました。

今年から始まったNT1クラスの参加台数は残念ながら3台と少なかったのですが
何とかデビューウインを果たすことが出来ました。

車の仕上がり具合は上々で、新たな手直しは必要無さそうです。
(前後のブレーキバランスと確実にロックするサイドブレーキ、
しなやかなサスペンションの動きを体感できました。)

なお、イベント会場で遭遇しましたが、
デミオのリアハッチ開閉電気スイッチは
エンジン始動状態でサイドブレーキを引いていないと
スイッチが無効になる設計でした。
一瞬、壊れたと焦りました。


ルーフアンテナは参加車両全てがロッドタイプに変更されていました。
どうも、競技用デミオの定番交換品の様です。



アンテナ交換 2009.03.07

プラプラと動いて気になっていた純正アンテナをマツダ純正のアクセラ用ロッドアンテナに変更しました。
これで、キャリアカーに乗せても安心です。

品番「G22H-66-A30」
価格「\1,320」

リーズナブルな価格ですが、アンテナの裾部分をカッターでカットする必要があります。


Gタイプ・フロントパッド 2009.03.06



デミオ15Cのフロントブレーキはアシスト機構の影響の為か、
かなり効き方がピーキーな傾向ですので、
新たなGタイプ(NA材採用)を装着しました。

これにより、フルブレーキング時のブレーキコントロールが容易になり
サイドターン時のブレーキフォローも確実になりました。
ABS不作動状態でのブレーキバランスもバッチリでした。



ヒールプレート取り付け 2009.03.06



重量の関係で15Cではカーペットの取り外しやアンダーコートの除去が出来ないので、
カーペットをひいたままでのジムカーナ参戦になりますが、
この場合に一番気になるのは、踵が当たる部分の穴あきです。

穴あき防止と滑り止めの為に、汎用ヒールプレート(Y-1018MP)を取り付けました。
ジムカーナのテスト走行に於いても、なかなか良い感じでした。


可倒式牽引フック装着 2009.02.27




牽引フックを装着しました。
可倒式なので、純正フックとは異なり、一々取り外す必要がありません。

なお、本製品はJAFのN・SA・B車両規定に合致しています。


また、気になっていた車両重量を測定しました。
結果は約10kg増の970kgでした。
これでも最低重量の980kgよりも約10kg程軽い事になります。
リアトランクにスペアのテンパータイヤを積むことで重量規定をクリアーしますので
実戦ではスペアタイヤを固定して走行する事になりそうです。

なお、今回の装着した牽引フックは0.64kgでした。

ちなみに、同レベルで製作したSportの実測値は1010kgでした。
こちらも、ノーマル時の1000kgからプラス10kgアップとなりました。



シェイクダウン終了 2009.02.24




関越スポーツランドにおいて、デミオのシェイクダウンが無事に終了しました。

残念ながら、テスト走行当日は生憎のウエット路面となりましたが
ワークスデミオ15Cの仕上がり具合は最高であると確認できました。

サスペンションやブレーキセッティング等もバッチリでした。

路面の悪いコンディションながら、コーナリング特性の素晴らしさに脱帽です。

まるで、ロードスターのFFバージョンのような印象で人車一体という印象です。

3月8日のデビュー戦が楽しみです。



残る作業は完成後の重量測定とフロントの牽引フックの装着です。


完成 2009.02.21

一通りの改造作業が終了して、デミオがジムカーナN車両として生まれ変わりました。

楽しみなシェイクダウンは数日中に実施します。



改造作業中 2009.02.20





開幕戦に間に合う様に製作中です。
スポンサーステッカーも貼って、少し派手になって来ました。


交換する部品は全て重量を測定しています。
N車両規定では基準重量が決まっていますので、頭を悩ましています。

 → 
リベット止めのリングギアを取り外して、クスコαスペックLSDに装着しました。
(ファイナルギアは標準の4.103より4.388にローギア化しました。)



タイヤホイールも準備完了
画像はENKEI・RC-T4(7J-15+48 6.5J-15+40)とアドバン・AD08(195/50-15)
タイヤ測定基準の前側30度がかなりシビアなので、オフセットには注意が必要です。

当初は前後共に195/50-15の予定でしたが
重量の関係でフロントのみ205/50-15を採用する予定です。

最終的な前後タイヤの銘柄、サイズのチョイスはテスト走行を行い順次決めて行きます。



車両重量 2009.02.17


改造前のルーチンワークとして、ノーマル状態での車両重量測定を行いました。

ガソリン及びウオッシャータンク満タン、スペアタイヤ及び工具、トノカバー、トランク化粧板取り外しで
実重量がカタログ値よりも20kgも少ない960kgであることが判明しました。
(Sportは同条件でカタログ値と同じ1000kgでしたので、15Cとの実際の重量差は40kgとなります。)

マツダスピードアクセラの時もそうですが、
最近のマツダ車はカタログ値よりも軽い傾向があるようです。

改造に際しても、軽いパーツへの変更は要注意です。
アルファでも改造は、交換する各パーツの重量を測定しながら改造する事になりました。


慣らし走行終了 2009.2.17

2月14日〜16日の3日間で一般道をメインとしたエンジン慣らし運転を1000kmを行いました。
(NAエンジンなので、許容回転を段階的に上げて行くレーシング慣らしを実施しました。)

徐々に変化するエンジンフィーリングを感じ取るのはいつもながら楽しいですね。

エンジンの慣らしが終了したので、本日よりジムカーナN車両規定に準じた改造を開始します。





無事納車 2009.02.13



アルファのデミオが無事に納車され、早速、オーディオとETCを装着しました。
これで、1000km 慣らし走行の準備が終わりました。

既に、ガソリンタンクを満タンにしてありますので
明日は車両の重量測定を行い、慣らし運転の旅に出ます。




先日の浅間台スポーツランドでのテスト走行により基本的なセットアップは終了しているので
ポンポンとパーツを組み付ければリジットワークス車両も1週間で完成します。



納車日決定 2009.02.10


デミオの納車日が正式に決まりました。

楽しみな納車日は2月13日(金曜)です。

早速、エンジン等の各部の慣らし走行を開始して
開幕戦に間に合わせたいと思います。
(一応、1000km慣らしを予定しています。)

最初の改造は、基本中の基本となるカーステレオとETCの装着からです。



現在、チーム員のデミオ(Sport)を製作しています。



リヤ用タイヤセットとして、ヴィッツで使用していた186/60-14の
ネオバ(AD07)及びECOS(A300)を用意しています。




サスペンションキット(ASKA305)はデミオ(DE5FS)専用設計品も完成して準備万端整っています。



タイヤ及びホイール 2009.02.05



装着タイヤ銘柄についてはアドバン・ネオバ(AD08)に決定していましたが
採用するサイズで悩んでいました。

テストを含めてファイナルギアを変更する予定なので
中部・関西のスーパー1500規定には合致しない車両となる為に
タイヤサイズもN車両規定で205まで使用出来るのですが、
サスペンション開発の観点から、他地区と同様とする必要性を考慮して
結局前後共に195/50-15をファーストチョイスサイズとしました。



ホイールはENKEIのRCT4がとてもリーズナブルですので
これの、7J-15と6.5J-15を採用する事としました。

最終的には実際にテストして前後のバランスを決めることになりますが
サスペンションセッティングとの関係もありますので、
決まるまでは時間がかかりそうです。


生産日確定 2009.02.03


オーダーしたデミオの生産日確定の連絡が今日マツダディーラーより入りました。

予定生産日は2月5日で納車予定は13日〜15日頃との事です。
お陰で急いで車庫証明書類の手配が必要になりました。

それにしても、受注生産車なので1ヶ月半は必要だと聞いていましたので
あまりの納車の速さに驚きです。
(そんなにも売れていないのか?と心配になります。)

パーツは準備しているので、3月8日の開幕戦には何とか間に合いそうです。


正式発注 2009.01.22

ランサーエボリューション]の開発が一段落したので、
いよいよデミオの本格的な開発に着手する事になりました。

1月18日に正式な購入契約を行いましたが、
なかなかリーズナブルな価格だったので、
デミオはモータースポーツへのエントリーカーとして
最適な車種だと改めて認識しました。

ただ、契約した15Cもマニュアルミッション車は相当レアな仕様の様で
価格表にも記載が載っていませんでした。
(完全な受注生産車の様でした。)

一般に売れないからといって、このグレードの設定が
先々無くならないことを祈っています。





BACK