アルファ・ワークスガレージ

レーシング・シフトノブの解説


RIGID・シフトノブ



何で「レーシング・シフトノブ」に交換する必要があるのか?

「レーシング・シフトノブ」はその装着の必要性を問われて、
明確な答えを出せる人が非常に少ない、珍しいスポーツパーツです。

昔は、その「機能性」よりも「ファッション性」に重点が置かれていている製品が
パーツ市場に数多くあふれていました。
その為に、シフトノブの交換に関して、必要性を感じない人が多くなってしまっています。
確かに、見た目の形状のみを重視し、本来の機能をおろそかにしている様な
社外シフトノブを購入してしまった人は、お金の無駄使いと思ってしまうでしょう。

それでも、アルファは「レーシング・シフトノブ」はモータースポーツにおける
「重要な機能パーツ」であると主張します。
ミスの無い、素早いシフトワークの実現とレーシンググローブを装着しての、
ハードドライビングには、純正ノブの形状やサイズでは十分な対応は出来ません。

レーシンググローブを通しての、シフト感覚はどうしても鈍くなり、
同じシフトノブでも素手の時よりも、サイズが大きく感じ、握りにくくなります。
その為に、レーシンググローブを使用したときに、
違和感無くフィットする形状のシフトノブが要求されます。

また、純正の重いシフトノブはミッション振動による、頭部の振れが大きく、
車種によっては、シフト抜けの原因にもなりますので、
軽量なレーシング・シフトノブはその点でも十分な効果が期待できます。

※同一製品の「レーシング・シフトノブ」や「ステアリング」を車を乗り換えても
継続的に使用することは、その車に早く慣れる為には、
非常に有効な手段だとアルファでは考えています。



細長の棒状タイプと球状タイプ、どちらが良いのか?

色々な考え方があると思いますが、アルファでは「細長の棒状タイプ」を薦めています。

「球状タイプ」は通称「WRCタイプ」と呼ばれている製品ですが、
「細長の棒状タイプ」に比べて「送り込みシフト」がしにくくなりますし、
レーシンググローブをはめてのシフトワークでは、シフトノブ自体が大きく感じられますので、
それらの点をふまえて、アルファでは「細長の棒状タイプ」を薦めています。

また、「細長の棒状タイプ」は長さ選択により、車種毎にシフトノブの適切な高さを実現できますが、
「球状タイプ」の場合には適切な高さにするためには、中間ジョイント等が必要になります。



材質によって違いはあるのか?

現在市販されている「レーシング・シフトノブ」は、
大きく分類して「金属製」と「樹脂製」の2種類が存在します。
「金属製シフトノブ」は、「アルミ製」と「チタン製」の2種類が多い様で、
「樹脂製シフトノブ」は、「ジュラコン」等の硬質プラスチック製が主流です。

金属製のシフトノブは「ファッション性」を重視するユーザーから好まれますが、
「機能性」を重視するユーザーは樹脂製のシフトノブを好んで使用しています。

「機能性」を考えると、重量のより軽い樹脂製ノブの方が、
優れていると言えますし、価格設定も安めなので、
アルファでは「樹脂製」をお薦めしています。



購入上の注意点は?

「レーシング・シフト」は「機能パーツ」ですので、単に付ければOKとは言えません。
ドライバーの身長や手の長さ、シートポジション等を考慮し、
適切な長さ(高さ)選択が非常に重要なポイントになります。

派手なパッケージや奇抜な形状に惑わされずに、
握りやすく、軽量な製品を選んで下さい。

また、ナイロンスリーブ式でネジピッチを共通化している製品も有りますが、
ハードなドライビングで、ナットが緩む可能性が大きいので、
車種別のネジピッチをそれぞれ設定している製品を選んで下さい。



お薦めの製品は?

アルファでは「細長棒状タイプ」で抜群の使用感を誇る「リジット・シフトノブ」をお薦めしています。





BACK